MORE キャバ嬢応援メディア

MORE キャバ嬢応援メディア

キャバ嬢も確定申告しなくちゃいけないの!?キャバクラで働く人のための確定申告講座!!

確定申告という言葉は聞いたことがあっても、実際何すれば良いかわからない、、、というキャバ嬢もたくさんいると思います。

 

自分が一生懸命働いて稼いだお金を無駄にしないためにも確定申告について、申告することのメリットと合わせてご紹介します!

そもそも確定申告ってなに?

確定申告とは1年間(1月1日から12月31日)に得た個人の所得にかかる税金を計算し、額を確定することです。

 

この税金の計算をすることによって、その年に払いすぎた税金の返金を受け取ったり、逆に不足が発生した場合は補うために支払う必要があります。

 

キャバクラ嬢も確定申告は必要?

確定申告は、所得がある人全員が必ず行わなければいけないというわけではありません。

例えば会社に勤めている人であれば、年末調整があり税金額の調整を会社が行なっているので必要ありません。

 

ですが、キャバクラで働いている人の場合、、、

 

  1. キャバクラを専業としていて年間の所得額が38万円以上の場合
  2. キャバクラの他に本業としている仕事があり、年間の所得額が20万円以上の場合

 

この二つどちらかに当てはまる方は確定申告をする必要があります。

 

二つの条件を見ていただければ分かるように、キャバクラで働くほとんどの方が、確定申告を行う対象となります。

 

またキャバクラで働いている場合、お店によって違いはありますが、アルバイトや社員ではなく、個人事業主という扱いになっている場合が多いです。

 

個人事業主は確定申告が義務付けられているので、確定申告を行う必要があります。

 

確定申告しないとどうなるの?

とは言っても、キャバクラに働いている人で確定申告をきちんと行なっている人は非常に少ないです。

ですが、条件に当てはまっているのに確定申告を行わなかった場合、罰則の対象となり、追徴課税されてしまいます。

 

特にキャバクラでの年収が何千万をという人気のキャバ嬢さんは要注意です。
税務署の人たちは、色々なところから情報を得ています。

 

キャバ嬢が確定申告をせずにバレるケースで多いのはSNSでの発信です。

確定申告をせずに車や家、高価なものなどを購入してそれをインターネット上に載せると、税務署の方に目をつけられる原因になります。

 

条件に当てはまる方は確定申告を行いましょう

 

実際に無申告で罰則を課せられたキャバ嬢

六本木の高級ホステスで働く売り上げナンバー1キャバ嬢が高額な月収を稼いでいたのに、確定申告をせずお店に税務署の方が来た際に発見され、追徴課税されるということがありました。

 

お店自体が過去に数回税務調査が数回入っていたということもあって、今回発見に至りましたが、いつ税務調査に入られるかは分かりません。

 

不安な方は税理士の方に相談するなどして、対応しましょう。

 

確定申告をすると良いことがある?

確定申告をするのは面倒だと思ってしまいがちですが、得をすることがたくさんあります。

ここでは確定申告をするとどんなメリットがあるのか一つずつ紹介していきます。

 

払いすぎた税金が戻ってくる!

キャバクラなどでは、お店によりますが、毎回の給料から所得税を引く「源泉徴収」をされている場合があります。

源泉徴収をされている場合、毎回の給料から一律10.21%分を所得税として差し引かれています

この場合、一律で引かれてしまうので、所得金額によっては払いすぎている可能性もあるんです。

給与の明細をよく見ると源泉徴収という欄があるはずです。そこに書かれた金額が所得税として引かれている金額です。

 

会社に勤めている場合、この払いすぎた分を会社がきちんと計算してくれる年末調整という仕組みがありますが、個人事業主として扱われることの多いキャバ嬢の場合その仕組みがありません。

 

なので、自分で確定申告をすることで払いすぎた税金を返してもらういわゆる還付金を得ることができます

 

衣装代やヘアメイク代などを経費にできる!

個人事業主という扱いでキャバクラに勤務している場合は、仕事に必要な費用=経費として所得から差し引くことができます。

逆に源泉徴収として所得税を差し引いているお店のほとんどが経費の計算はせずに、一律で10.21%を差し引いているので経費分損しています

 

例えば10%として、給料から10万円所得税として差し引かれていたとします。本来経費もきちんと計算すれば所得税は5%でよかったとすると、5万円も損していることになるんです。

 

確定申告は、自分の収入から、仕事のために使うお金「経費」や控除を差し引いた所得を申告します。
なので経費が多くなればその分所得税も低くなるんです。

 

ただし、何でもかんでも経費にできるわけではありません。あくまで、仕事をする上で必要になる費用です。

例えば、キャバ嬢として綺麗な姿でお店に立つ必要があるため、ヘアメイクやネイル、衣装などは経費として認められますが、プライベートで着る服や食事代など仕事とは関係ないところで発生するお金は経費として認められません。

 

他にもお客さんやお店と連絡をするための仕事用の携帯代や仕事をしていたことで終電を逃してしまった場合のタクシー代なども経費として認められる可能性があります。

 

ですが、経費として計上するためにはいくら・何に使ったかわかるような状態でなければなりません。

なので、仕事に関係のあるお金を使った時は領収書など証明になるものは保管する必要があります。

 

実際に確定申告をしてみよう

実際に確定申告をする際にどういった手続きをすればいいのかをご紹介します。

 

確定申告の方法①税務署or確定申告会場に提出

確定申告を行う場合、確定申告書というもの提出する必要があります。
この場合、住んでいる地域(住所がある地域)の税務署に提出します。

 

税務署の場所は国税庁のホームページに記載されていますのでそちらを見ると間違いありません。

また、確定申告会場という地域独自の確定申告書提出の場所を設けている場合もあります。

 

自分が一番行きやすい場所を選ぶのが良いでしょう。

 

確定申告の方法②郵送で提出

税務署や確定申告会場などに足を運ぶことができない場合は、郵送で送ることもできます。

郵送で送る場合、消印の日付が提出した日という扱いになります。

なのでポストに投函する前に日付をきちんと把握しておくことが大切です。

 

確定申告の方法③インターネットで提出

忙しい人や、時間帯的に税務署や確定申告会場に行くのが難しい人のために、パソコンやスマートフォンなどからでも確定申告の申請を送ることができます。

 

ただし、マイナンバーカードなど事前に用意するものがあるので、確認した上で申請をしましょう。

 

キャバ嬢も確定申告することで良いことたくさん!

正直確定申告は難しい話な気がしてしまうし面倒くさいと思われてしまいがちですが、実際やってみたら払いすぎた税金が帰ってくるし、ヘアメイクやドレスを経費として計上することができるし良いこともあります。

 

 

また、確定申告の対象でありながら確定申告をしないでいると、罰則があり元々払わなければいけない金額より多く請求されるケースもあります。

 

手間はかかりますが、確定申告は必ずしないといけないものですので行いましょう。

 

 

 

動画も要チェック!!

 

この記事を書いた人

みく

2年の在籍キャバ嬢歴あり。
現在、派遣キャバ嬢とキャバ派遣MOREの事務スタッフをかけもち中。

漫画、アニメ、ダイエット、メイクに給料全てを散財して生きています。

経験を活かし、キャバ嬢さんに少しでも役立つ情報を届けるため、記事を作成しています。
自分のストレス発散のためでもありますが(笑)

詳しいプロフィールはこちら

POPULAR POSTS人気記事

RELTION関連する記事こんなまとめも人気です♪

  • キャバ嬢必見「場内指名」の取り方

    2019年11月19日

  • キャバクラの客に「店外で会おうよ!」と言われたときの対処法

    2019年11月19日

  • 朝キャバ、昼キャバとは?夜キャバとの違い、勤務のメリット&デメリットを解説!

    2019年11月19日

  • キャバ嬢のドリンクおねだりテクニック~ドリンクバックは意外と大事!~

    2019年11月19日

この記事を書いた人

みく

2年の在籍キャバ嬢歴あり。
現在、派遣キャバ嬢とキャバ派遣MOREの事務スタッフをかけもち中。

漫画、アニメ、ダイエット、メイクに給料全てを散財して生きています。

経験を活かし、キャバ嬢さんに少しでも役立つ情報を届けるため、記事を作成しています。
自分のストレス発散のためでもありますが(笑)

詳しいプロフィールはこちら

NEW新着のまとめ最新のまとめは、ここをチェック

  • 生活保護を受けながらキャバで働くのはルール違反?リスクについて解説

  • キャバクラは何歳まで働ける?長くキャバ嬢を続けるコツ3つも

  • キャバクラのアフター料金と、下心を出させない3つのコツ!

新着のまとめ一覧を見る
© キャバクラ派遣MORE All Rights Reserved.