MORE キャバ嬢応援メディア

MORE キャバ嬢応援メディア

これでOK!キャバ嬢の「クソ客」対処法


どこのキャバクラやガールズバーにも、キレイな飲み方のできない困ったウザい客=クソ客はいるものです。

 

 

 

キャバクラは純粋に、お酒と会話を楽しむ場所。なのに、セクハラしてくる・嬢を見下してくるなど、最低限のマナーも守れない人がたくさんいます。しかも本人は、自分がそんな困った人間だとカケラも気づいてないんですよね。

 

今回は、そんなクソ客のタイプで特に多い「お触りしてくるタイプ」「若い頃の自慢ばかりしてくるタイプ」「下ネタで絡んでくるタイプ」そしてLINEがウザいタイプ」への、それぞれの対処法をお伝えします。

1.お触りしてくるタイプの場合

キャバ嬢が1番ムカつく行為と言っても過言ではない「お触り」。嬢に触りたいなら、触らせてくれるお店に行けばいい話。でもそれを分かっていない人の何て多いことか。。。

 

このタイプの人は、やんわり注意しても懲りずに触ろうとしてくるし、酔っていると余計に厄介です。

 

そんな時に有効なのは、自分からさりげないボディタッチをすること。笑いながら肩を軽く叩く、手を繋ぐなど、こちらから触るアクションを起こすと、「女の子の方から触ってくれた!」と感じて満足する人が多いのです。

 

こうなると、お客様がしつこく触ってくることはなくなり、会話が主体の接客に持ち込めます。

2.若い頃の自慢ばかりしてくるタイプの場合

自分の武勇伝や若かりし頃のモテ具合を、おそらく何倍にも盛って話してくる人……。もうウンザリです。しかも話の1つ1つが長い!あと過去の栄光に縋っている感がすごい!今の自分が禿げ上がった普通のオッサンだということをいい加減自覚してよ!!!

 

……と、お客様本人に言える訳はなく。キャバ嬢自身がうまく対処して、何とかこなすしかありません。

 

一番ベタな方法は、とにかく褒めまくってあげること。「すごいじゃないですかー!」「○○さん、そんな努力されたんですね。。。!さすがです!」などと返して、とにかく褒めましょう。

 

ただ、この方法だと調子に乗ってさらに話が長引くことがしばしば。そんなの余計に疲れる!というキャバ嬢さんもいると思います。

 

そんな人には、「今現在のお客様を褒める」というのがオススメ。たとえば、過去の自分がいかにモテたかを語ってくるお客様には、「だから今もこんなに若々しくて素敵なんですね♪」などと言ってあげるのです。

 

「いや、今はもうオッサンだし……」と否定しつつも、満更でもない気持ちでいっぱいになります。自分が語ることではなく、女の子の言葉に気分を満たされているので、会話の流れをある程度女の子がリードしやすくなります。

 

「こんなに体格がしっかりされてるってことは、何かスポーツでもやられているんですか?」「そのブランドが似合うって、ダンディな証拠ですよ!」など、「今現在の姿を褒めている」事をより強調する内容にすると、話が弾み、広がり、自慢話から上手く話題を逸らすことができますよ♪

3.下ネタで絡んでくるタイプの場合

大抵の女の子が嫌がる下ネタ。困ったような笑顔を浮かべてしまったり、「キモい」とハッキリ言ってしまう子も少なくありません。一部のお客様は、そんな女の子の反応を見て楽しんでいたりしますが(うわキモっ。。。)。

 

ただ私は、下ネタにはある程度ノッてしまうことをオススメします。たとえば「どの体位が好きなの?」と聞かれたら(露骨ですみません。。。)適当に答えてしまった上で、「あなたは?」と返してみましょう。相手もノリノリで話してくれます。

 

そう。下ネタは、たいした会話テクニックを使わなくても、勝手に話が盛り上がる便利ツールなのです。こうして下ネタをポジティブに捉えると、だいぶ仕事しやすくなります。ただし、ノリすぎると相手に変な期待を抱かせてしまうのでご注意を。

 

「ただでさえウザいのにノリたくないよ。。。」そんなあなたは、魔法の一言「秘密♡」を使ってみてください。

 

「どの体位が好きなの?」と聞かれて、ちょっと考えるフリをしてから「秘密♡」。。。素直に教えないことで、「もっとこの子のことを知りたい!聞き出したい!」と興味を沸かせることもできます。

 

もしくは、「ノってこないならいいや」と下ネタ以外の話題に変えてくれます。その場合、新しい話題を積極的に盛り上げて、下ネタでなくとも楽しい会話ができることをアピールしましょう。

4.LINEがウザいタイプの場合

最近圧倒的に増えているのがこのタイプ!! LINEでのやり取りとなると、急に気が大きくなって、説教してきたり絡んできたり。。。

 

 

あー、面倒くさいことこの上ない。

 

このタイプに対しては、あまりにしつこいようなら、一度本気で怒ったリプを返してOKです。

 

実は、本気で怒られることによって改心して、良客に育つこともあるんです!逆にそこで関係が切れたら、それはそれ。あなたにとって、面倒くさい人が1人切れるだけなので。また新しいお客様とのLINE交換を進めていきましょう♪


今回挙げた以外にも、いろんなタイプの困ったお客様がいると思います。

店外を強要されて困った!という場合は、コチラに対処法をまとめているのでご覧ください。

 

1日からキャバ嬢体験!キャバクラ派遣はコチラ

 

 

 

この記事が気に入ったらフォローしよう!

この記事が気に入ったらシェア


RELTION関連するまとめこんなまとめも人気です♪

  • 学費をキャバクラで稼ぐ!キャバクラで働きたい学生の不安を解決♪

    2019年11月04日

  • 源氏名、あだ名、○○ちゃん、etc。キャバ嬢の呼び方は何が正解?

    2019年11月04日

  • キャバクラの人間関係がドロドロしてるって本当?派閥争いってあるの?

    2019年08月15日

  • キャバクラの「親バレ・彼バレ」対策

    2019年08月13日

  • キャバクラでビールは注文できるのか?気になる相場もご紹介!

    2019年11月04日

ご登録、ご相談はこちら
お電話でのご応募、お問合せはフリーダイヤル0120-949-774

PICK UPおすすめのまとめいまMOREで注目のまとめ

  • 千葉・市原で一番オススメのスナック「スカイランニング」様に、派遣MOREがインタビュー!!

  • 住民税でキャバクラ副業は会社にばれるかも…防止策は簡単コレ1つ!

  • キャバ嬢はローンを組める?審査に通りやすいポイントと注意点!

  • キャバクラ嬢ヘルプのやってはいけない3つのルールと基本ハンドサイン合図7選。水商売の場内指名についても。

  • キャバクラは18歳以上OKっていうけど、高校生は?お酒は?未成年は?

NEW新着のまとめ最新のまとめは、ここをチェック

  • 住民税でキャバクラ副業は会社にばれるかも…防止策は簡単コレ1つ!

  • 多くのキャバ嬢は個人事業主!その理由とやるべきことを解説します♪

  • キャバ嬢に必須な睡眠‼上質な睡眠の方法を紹介🎵有名キャバ嬢も公言‼

新着のまとめ一覧を見る

忙しいあなたはSNSで
MOREをチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINEにて、キャバクラに興味がある全ての女の子に、毎日厳選してキャバクラ情報をお届けしています!

Instagram
友だち追加

店舗様はこちら

MORE店舗様ページ