MORE キャバ嬢応援メディア

MORE キャバ嬢応援メディア

キャバクラは何歳まで働ける?長くキャバ嬢を続けるコツ3つも

「キャバクラでは何歳まで働くことが可能なのか知りたい」

 

「なるべく長く働くためにできることがあれば知りたい」

 

「ある程度の年齢になってから、新たにキャバ嬢になることは可能なのか疑問」

 

今回は、このような方にぜひ読んでいただきたい内容になっております。

 

みくと申します。

 

先日キャバ嬢をしている友達から、

 

「キャバ嬢って何歳まで働けるのかな?」

 

と相談を受けました。

私も過去に在籍キャバ嬢として働いていたころ、同じように疑問に思ったことがあります。

私が在籍していたお店はキャバ嬢の年齢層が広かったので、余計に気になりました。

 

最近こんなツイートをしました。

 

 

キャバクラには、何歳まで働けるかという上限はありません。

 

しかし様々な努力が必要なので、つらくない働き方をすることも大切にしましょう。

 

今回は、私のキャバ嬢としての経験や、店長から聞いた話などをもとにお話ししていきたいと思います。

 

キャバクラでは何歳まで働けるか、明確な決まりはない

 

お店にもよるのですが、スタンダードなキャバクラ店の場合、在籍している女性の年齢がけっこう幅広い場合があります。

私が過去に在籍していたキャバクラ店は、一番若くて19歳、当時もっとも年上で35歳だという方が働いていました。

キャバクラで働くことができる年齢は、高校生以外の18歳以上という決まりはあっても上限が何歳までなのか、という明確な決まりは存在しません。

 

キャバ嬢は個人事業主という立場のため、法律上でも何歳まで働けるかという決まりはないのです。

ただ、一応なんとなくではありますが、水商売の中でも業種ごとに平均年齢がいくつくらいなのかという目安はあります。

 

女性が働く水商売の業種の、だいたいの平均年齢が下記になります。

  • ガールズバー(10~20代前半)
  • キャバクラ(10~20代後半)
  • ラウンジ、クラブ(20代後半~40代くらい)
  • スナック(30代~60代くらい)

 

ただ、これはあくまで平均年齢の話。
キャバクラで働く女性は20代後半くらいまでが多いですが、先ほどお話ししたように、35歳でキャバ嬢として働いていた方も実際にいました。

 

しかし、キャバクラが比較的若い年齢層の女性で構成されているのは事実。

私が働いていた当時も、35歳のキャバ嬢さんがお客さんに

 

「おばさんでしょ!」

 

なんて言われているのを目にしたことがありました。

キャバクラの平均年齢が比較的若いというのは、お客さんのイメージとしてもあるのかもしれません。

長くキャバ嬢でいるために大切なこと

 

キャバ嬢は平均年齢が若いという事実はありますが、上限がないというのもまた事実。
長くキャバ嬢でいるためにはどういったことが大切なのか、まとめました。

実年齢より見た目が重要

年齢がキャバ嬢としての平均を超えていたとしても、容姿をきれいに保ち続けていれば
キャバ嬢でいられる時間は長くなります。
よって、自分磨きがとても重要になってきます。

 

年齢を重ねたとしても、容姿でおばさん、と言われてはまずいのがキャバ嬢。
キャバクラで働き続けるには、実年齢よりも見た目が大切なのです。
極端でなければある程度、年齢のサバを読むのも許されていますしね。

 

こちらの動画は、女性が自分を若く見せるためのヒントがまとめられています。
ぜひチェックしてみてください。

 

【若くキレイに!女性の年齢が現れるポイント!若く見える女性の特徴は?】

指名してくれるお客さんがいること

キャバ嬢は実力主義の仕事。
年齢が上がっていっても、指名してくれる、売り上げを上げさせてくれるお客さんがついてきてくれる間は、キャバ嬢としての需要があるということです。

 

反対に、お客さんが離れて行ったり新しく指名してくれるお客さんがいなくなったりしたときには、これからどうすべきかを考えるタイミングなのかもしれません。

年齢の話題に上手に対処できること

若い女の子が多いキャバクラにおいては、年齢が上がるとお客さんからの年齢いじりをされることがよくあります。

 

前の項目で書いたように、私は35歳のキャバ嬢さんがお客さんからいじられている姿を実際に見てきました。
いちいち気にしたり受け流せなかったりする場合、働き続けるのは厳しいかもしれません。
ちなみに当時、おばさん、とお客さんにいじられたキャバ嬢さんは、 

「そんなこと言って、反対に私のこと気になってるんじゃないの?男の子ってそういうところあるよね~」

 

と切り返して笑いに変えていました。

 

即座にユーモアのある切り替えしをできるなんて、すごいですよね。

平均年齢を超えてキャバクラで働くということは、年齢の話題にも上手に対処できる精神力とスキルが重要になってきます。

平均年齢以上でも採用してくれるキャバクラはある?

 

もともとキャバ嬢として働いていた女性が、平均年齢を超えて引き続きキャバ嬢としてやっていくのは、前の項目で書いた内容を実践できれば難しくはありません。

ただ、

 

「キャバ嬢の平均年齢を上回っているけれど、新たにキャバクラで働きたい」

 

そんな女性はいると思います。
キャバクラで働きたい、稼ぎたいという思いに年齢は関係ありませんからね。

ここからは、平均年齢以上の女性が新しくキャバ嬢になることはできるのか、お話していきます。

一般のキャバクラ店で採用されるのは難しい

一般的なキャバクラ店の場合、何歳まで働けるという上限は明確にはありません。
しかし働く女性の年齢層というのは最初の項目で書いた通り、10~20代後半という場合が多いです。

 

正直、平均年齢を超えた女性が未経験から採用してもらえる可能性は低いです。
よほど容姿が良い、スペックが高いという場合は除きますが…。

 

なぜ年齢が上がると一般的なキャバクラで採用される確率が下がるのか?
それは、お店が女性の教育にかける時間やお金と、その後活躍してもらえる期間や可能性を重要視しているからです。

 

例えば23歳の女性と、33歳の女性がキャバクラで働きたいと同じお店の面接に行ったとします。

 

キャバクラ側は、まず、その女性を雇った際にどのくらいの利益がどのくらいの期間で得られるか、というメリットを考えます。

 

教育に時間とお金を同じくらいかけても、その後活躍できる期間がどちらのほうが長いか、というのは一目瞭然。
やはり若い子のほうが有利になってしまうのです。

姉系キャバクラの存在

「30代くらいから新たにキャバ嬢になるのは無理か…」

そう感じた方は多いと思いますが、少し待ってください。
実は、お店次第では30代からでもキャバ嬢として活躍できる可能性があるのです。

 

どういったお店ならば30代以上の女性が活躍できるのか?
それは、最近人気の姉系キャバクラです。

 

姉系キャバクラと呼ばれるお店は、通常のキャバクラよりも在籍するキャバ嬢の年齢が高くなっています。
通常のキャバクラで、年齢が原因で面接に落とされたとしても、姉系キャバクラならばまだ可能性はあるのであきらめないで下さい。

 

30代からキャバクラで働くということには、お店さえ選べばメリットもあります。

 

気になる方はぜひ、こちらを参考にしてみてください。

 

また、姉系キャバクラについてもっと詳しく知りたいという方は、こちらを読んでみてくださいね。

 

 

ちなみに姉系キャバクラでも年齢的に厳しくなってきた場合は、

  • 水商売を引退する
  • スナックなど、平均年齢がさらに高い業種で働く

などの選択肢が考えられます。

自分がつらくない選択をしよう

 

キャバクラ勤務は、在籍してスタンダードに働くとなると結構ハードな仕事です。
夜遅くまで起きていなければなりませんし、お酒も飲むことが多いため、何歳まで働けるという決まりがなくともある程度の年齢から体力的に厳しくなってくる場合があります。

私なんて、在籍で働いていたころは若かったのに、それでも疲れを感じることはありましたから…。

30代以降もキャバ嬢としてバリバリ働きたいという場合は、先ほどお話ししたとおり、お店を選べば不可能ではありません。
ただ、

 

「コンスタントに出勤して働くのはつらい…」

 

そんな方もいるでしょう。
そんな時には、働き方を選ぶという方法もあるんです。

レギュラーではなく、アルバイトを選ぶ

キャバクラは、週に何回出勤できるかというところでレギュラーとアルバイトが分かれます。
基本的には週4以上働けるキャバ嬢はレギュラー、週4未満で働くキャバ嬢はアルバイト扱いになるお店が多いです。

 

レギュラーとアルバイトでは時給や報酬体系が少々異なることがありますが、出勤日数が少なくても良いという部分では体力的にも、精神的にも少し楽になるでしょう。

在籍ではなく、派遣を選ぶ

キャバクラで働く場合、必ず一つのお店に籍を置かなければならないわけではありません。
私のように、キャバ派遣会社に登録し、派遣キャバ嬢として働くという選択肢もありますよ。

 

ちなみに最近、30代以上の派遣キャバ嬢の方は増えています。
弊社の場合は38歳まで新規で派遣登録ができ、しかも登録後に38歳を超えても登録したままでいることができます。

 

自分の好きなタイミングで働くことができるので、こちらも体力、精神的にとっても楽だと思いますよ。
年齢層が高めのお店との契約も増えているみたいです。

 

良かったらぜひ、こちらをチェックしてみてくださいね。

まとめ

キャバクラは、何歳まで働けるかという年齢の上限に明確な決まりはありません。
しかし一般的なキャバクラで長く働くためには、容姿やスキル面でそれなりの努力が必要になります。

 

もし30代以上など、ある程度の年齢になってからキャバ嬢をやりたいときは、姉系キャバクラなどお店のコンセプト次第で可能です。
それ以上となると、スナックなど業種を変えることも方法のひとつ。

 

キャバ嬢に年齢の上限はないものの、体力的、精神的な面を考えて自分がつらくない働き方を選ぶことが大切です。

 

アルバイトや派遣として働くという手段もあるということは、覚えておいて損はないでしょう。

この記事を書いた人

みく

2年の在籍キャバ嬢歴あり。
現在、派遣キャバ嬢とキャバ派遣MOREの事務スタッフをかけもち中。

漫画、アニメ、ダイエット、メイクに給料全てを散財して生きています。

経験を活かし、キャバ嬢さんに少しでも役立つ情報を届けるため、記事を作成しています。
自分のストレス発散のためでもありますが(笑)

詳しいプロフィールはこちら

POPULAR POSTS人気記事

RELTION関連する記事こんなまとめも人気です♪

  • キャバ嬢必見「場内指名」の取り方

    2019年11月19日

  • キャバクラの客に「店外で会おうよ!」と言われたときの対処法

    2019年11月19日

  • 朝キャバ、昼キャバとは?夜キャバとの違い、勤務のメリット&デメリットを解説!

    2019年11月19日

  • キャバ嬢のドリンクおねだりテクニック~ドリンクバックは意外と大事!~

    2019年11月19日

この記事を書いた人

みく

2年の在籍キャバ嬢歴あり。
現在、派遣キャバ嬢とキャバ派遣MOREの事務スタッフをかけもち中。

漫画、アニメ、ダイエット、メイクに給料全てを散財して生きています。

経験を活かし、キャバ嬢さんに少しでも役立つ情報を届けるため、記事を作成しています。
自分のストレス発散のためでもありますが(笑)

詳しいプロフィールはこちら

NEW新着のまとめ最新のまとめは、ここをチェック

  • キャバクラを辞めさせてくれない!飛んでもいいたったひとつのケース

  • メガネのキャバ嬢ってアリ?眼鏡女子がキャバクラで働くためには

  • キャバクラの志望動機、嘘は避けるべき?注意点や具体例を紹介します

新着のまとめ一覧を見る
© キャバクラ派遣MORE All Rights Reserved.