MORE キャバ嬢応援メディア

MORE キャバ嬢応援メディア

まるで整形級の顔に!?キャバ嬢のメイク術


キャバ嬢メイクといえば、バサバサのつけまつげにたっぷりのグロス!といった鬼盛りメイクが主流と思われがちですが、最近だとギャル系からナチュラル系まで色々な人がいます。

 

 

キャバ嬢はこうじゃなきゃ!というデフォルトのようなものが無くなり、みなさん自分の顔にきちんとなじむメイクを追求するようになりました。そんなにゴテゴテに盛らず、自分の個性を引き出すメイクが今の主流。今回は、派手すぎなくて程よい、そして暗い店内でも映える、イマドキのキャバ嬢メイクテクニックをご紹介します。

ベースメイク(ファンデーション)

 

引用:https://www.cosme.net/a-beauty/article/I0007371

 

マット肌、ツヤ肌等、好みの質感やトレンドによって様々なパターンが生まれるベースメーク。

 

中でも近年定着したのが、内側から輝くようなツヤを放つ「水光肌」です。オルチャンメイクが人気を集めるようになり、韓国コスメの代表である「クッションファンデ」がブームになったことで水光肌派が増えました。

 

肌に軽く乗せるだけで簡単にハリツヤ肌になれる、便利なクッションファンデ。厚ぼったくならず、みずみずしい質感が長続き!肌の調子が悪いときでもキレイにカバーできます。ノリ具合がツヤツヤしすぎて違和感がある……という人は、上からパウダーを重ねてみると◎。

 

ドラッグストアでも気軽に手に入るので、ぜひ試してみてください!

アイメイク

 

 

顔の印象を一番左右する目元。丁寧かつ印象的に仕上げましょう。濃すぎるのはNGです。

 

  1. カラコンはマストアイテム。フチありのものを使って、目力を強調しましょう。
  2. シャドウはブラウン系をチョイス。単色でしっかり色づくものを使って、目の際は濃く、アイホールは薄くなるようにぼかしていくと、簡単にグラデーションができます。
  3. アイラインははみ出しすぎず、目尻から少し跳ね上げる程度にしましょう。まつげとまつげの間はしっかり埋めて、はっきりした印象に。暗い店内でもバッチリ目が強調できます。
  4. つけまつげは、目を丸く見せたい人は中央部に長さのあるもの、目を横長に見せたい人は目尻にボリュームがあるものがオススメです。
  5. アイブロウは、細めのほうがドレスに合うキリッとした印象に。さらに、目と眉の距離がなるべく近くなるように描くと美人度がアップします。

 

リップメイク

目元の印象を強くしようとして、リップにはあまりこだわらないキャバ嬢さんが割と多いのですが、顔全体の印象を左右するリップメイクはとても大事です。塗り方次第で、キュートにもセクシーにもクールにもなれます。

 

色選びのコツですが、まず自分の肌の色になじみやすいカラーを探しましょう。肌がどちらかというとクリーム色に近い人はオレンジ系やピンク系の明るい色、ピンク色に近い人はベージュ系やパープル系など落ち着いた色が似合います。

 

また、お酒を飲みながら働くキャバ嬢は、リップが落ちやすいのが難点。なるべく長持ちさせたいですよね。そこでオススメしたいのが、ティントリップ。濃厚なテクスチャーでしっかり発色、色が長持ちします。

 

 

ティントは唇が荒れやすいといったイメージもありましたが、最近は保湿成分配合のものも増えてきています。特にオイルが入っているものは伸びもよく、塗りやすいです♪

ハイライトで立体顔に

ハイライトをきちんと入れるかどうかで、顔の印象が大きく変わります。顔全体にメリハリが出て、ほどよい明るさ・ツヤも出るので美肌演出効果も。

 

 

ただし、付ける場所を間違えてしまうと不自然になってしまいますので、正しい付け方をしっかりマスターしましょう!

~ハイライトの付け方の手順~

 

※図作るの下手ですみません(汗)

 

  1. Tゾーンに入れる。鼻筋は、ノーズシャドウブラシなどを使って細くまっすぐな線を描くようにする(太くすると、鼻自体が太く見えてしまうので注意)。
  2. Cゾーン(こめかみ~頬骨の、C型に骨が盛り上がっている部分のこと。眉下~目尻~黒目の下を結んだライン)にふわっと入れる。
  3. あごに、逆三角になるよう小さく入れる。

 

目の下のくぼみが気になる人は、そこにもふんわりハイライトを入れてカバーしましょう。

シェーディングで小顔ゲット!

まるで整形級!と、去年話題をさらった「コントアーメイク」。それがきっかけとなり、小顔メイクが再び注目を集めています。けれど、動画サイトなどで紹介されている本格的なコントアーメイクは、自分でやるのはなかなか大変。。。

 

 

でも、ドラッグストアで簡単に手に入る「シェーディングパウダー」を使えば、誰でも簡単に憧れの小顔になれるのです。使用する部位に合わせて、2~3色ほど用意しておくのがオススメです。

~基本のシェーディング~

 

 

  1. 暗めの色のシェーディングパウダーを、髪の生え際に入れる。
  2. 生え際に入れたものより少し明るめのシェーディングパウダーを、フェイスラインに沿って入れる。
  3. フェイスラインに入れたのと同じ色のパウダーを、眉頭~小鼻に入れる。キャバクラの店内は暗いので、少ししっかり目に入れてから馴染ませて。
  4. 面長の人はあご、ベース顔の人はエラにも入れる。

 

フルメイクをした後に、「今日むくんでいて膨らみが気になるな……」と感じた部分に使うのもOKです。

雰囲気が変わる!チークの入れ方

血色を出す目的で使うチークも、入れ方次第で顔の雰囲気が変えられる優れものコスメなのです。なりたい雰囲気に合わせて、チークの入れ方も工夫してみてください。

 

1.かわいい系の場合

 

 

 

かわいらしさを演出したいときは、ふんわり目の下を染める「目の下チーク」がオススメ。ヘアメイクアップアーティスト・イガリシノブさん考案の「イガリメイク」で一躍大流行しました。

 

目の下チークを塗る場所は、涙袋の真下。実際の目の幅よりも、横長に塗りましょう。ポイントは、クリームチークやリキッドチークを使って、指で塗ってなじませること。内側からにじみ出るような血色がほんのり出て、少女のようなかわいらしさになります♪

 

色が濃すぎると酔っ払った顔になってしまうので(笑)、「ほんの少し生き生きした表情になったな」くらいの色付けにしましょう。いつもより少なめに塗って、薄く伸ばすのが正解です。

 

2.クール系の場合

 

クールな印象の顔になりたい場合は、頬骨の高い位置より少し下の部分からこめかみにかけて、斜めに入れるのがオススメ。幼さが消えて、大人っぽい表情になります。

 

さらに、上唇と鼻の間に指で薄く塗る「鼻下チーク」で、より整った美人顔に!この塗り方をすると、鼻と唇の位置が近く見えるようになり、美人の顔に近づくのです。是非試してみてください。。。!

 


 

せっかくキャバ嬢をやるなら、最高にキレイになった状態でお店に出て、お客様に喜んでいただきたいですよね。少しでも皆さんのお役に立てたら嬉しいです♪最後までお読みいただきありがとうございました!

 

未経験でも大丈夫!気軽に1日から働けるキャバクラ派遣はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったらフォローしよう!

この記事が気に入ったらシェア


RELTION関連するまとめこんなまとめも人気です♪

  • キャバクラで働く時に履歴書は必要?どのように書いたらいいの?

    2019年11月06日

  • キャバクラの客に「店外で会おうよ!」と言われたときの対処法

    2019年08月26日

  • 【けものフレンズ】声優の小野早稀がキャバクラバイトしている?

    2019年11月04日

  • キャバクラで絶対盛り上がる!カラオケデュエット曲10選

    2019年08月21日

  • キャバクラ嬢必見!自分でできる髪型・ヘアアレンジ5選

    2019年08月12日

ご登録、ご相談はこちら
お電話でのご応募、お問合せはフリーダイヤル0120-949-774

PICK UPおすすめのまとめいまMOREで注目のまとめ

  • 「指名を取る」以前の問題!お客様からNG、チェンジされるキャバ嬢について

  • キャバクラが苦手&つまらないお客様について

  • 小作のハイレベルなキャバクラ「クラブ レオ」様に、キャバクラ派遣MOREがインタビュー!

  • キャバ嬢も年金を支払おう!払えない場合は?未納に気を付けて

  • 源氏名、あだ名、○○ちゃん、etc。キャバ嬢の呼び方は何が正解?

NEW新着のまとめ最新のまとめは、ここをチェック

  • 住民税でキャバクラ副業は会社にばれるかも…防止策は簡単コレ1つ!

  • 多くのキャバ嬢は個人事業主!その理由とやるべきことを解説します♪

  • キャバ嬢に必須な睡眠‼上質な睡眠の方法を紹介🎵有名キャバ嬢も公言‼

新着のまとめ一覧を見る

忙しいあなたはSNSで
MOREをチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINEにて、キャバクラに興味がある全ての女の子に、毎日厳選してキャバクラ情報をお届けしています!

Instagram
友だち追加

店舗様はこちら

MORE店舗様ページ