MORE キャバ嬢応援メディア

MORE キャバ嬢応援メディア

キャバに行きたくないときに出勤する意欲が湧く手軽な対処法7つ

「キャバクラに出勤したくないとき、どうしたらやる気がでるか知りたい」

 

「お店を当欠しても大丈夫なのか知りたい」

 

という悩みを抱えたあなたのために記事を作成しました。

 

みくと申します。

 

キャバクラで働いていると、やる気が出ず仕事に行きたくないと思う日もありますよね。

 

私も出勤前はなかなか重い腰があがりません。

 

先日、私がしたツイートです。

 

 

 

キャバクラに出勤したくないときは、メイクをしたりお気に入りのドレスを着たりして自分なりにモチベーションをあげましょう。

 

基本的に当欠はNGですが、本当に行きたくないときは、お店側にしっかり連絡をして当欠しても仕方ありません。

 

私の体験をもとに、キャバに行きたくないときの対処法をお伝えしていきます。

 

少しでもキャバに出勤したくないあなたの参考になれば嬉しいです。

 

キャバクラに行きたくないときにすべき対処法7つ

「今日はキャバクラに出勤したくない。。」

 

というときにすべき7つの対処法は下記のとおりです。

 

  • メイクをする
  • お気に入りのアクセやドレスを身にまとう
  • お金のことを考える
  • キャストとご飯に行く
  • 出勤すればなんとかなると思う
  • テンションのあがる音楽を聴く
  • お客さんにきてもらう

 

それぞれ詳しく解説していきます。

メイクをする

出勤前にやる気が起きないときは、とりあえず顔を洗ったりシャワーを浴びたりしてから、メイクを開始してみましょう。

 

最初は億劫でも、手慣れたメイクをしていくうちにやる気がでてくるかもしれないからです。

 

また、いつもよりも念入りにメイクをすることによって、モチベーションがあがってきます。

 

「こんなに盛れたのに、誰にも見てもらえないなんてもったいない」

 

という気持ちにもなり、出勤する意欲が湧いてきますよ。

 

出勤前は、シャワーを浴びたらメイクをするのというのをルーティーンにしましょう。

 

体が自然と動くので、なんとかメイクまでは済ませられる確率が高いですよ。

お気に入りのアクセやドレスを身にまとう

出勤したくないときは、お気に入りのアクセやドレスを身にまとってみましょう。

 

ばっちりメイクをしたときと同じで、モチベーションがあがり出勤する意欲が湧いてきます。

 

普通の会社員だったら、仕事でドレスなんて着られないですよね。

 

仕事で華やかなドレスやアクセサリーを身にまとえるのは、キャバ嬢の特権。

 

やる気が起きないときのために、とっておきのかわいいドレスやアクセを購入しておきましょう。

お金のことを考える

どうしてもキャバに足が向かなかったら、出勤したらもらえるお金のことを考えてみましょう。

 

「今日出勤したら、○○万円もらえる」

 

と考えると、なんだかやる気がでてきませんか?

 

また、

 

「新しいコスメが買える」

 

「鼻にプロテーゼを入れる整形代の足しになる」

 

など、現実的なお金の使い方を考えてみるのもおすすめ。

 

私もキャバに出勤したくないときは、まず先にお金のことを考えるようにしています。

 

ネットバンキングの預金通帳を眺めながら、今日貰える金額や、目標額までいくら足りないかを計算。

 

すると、不思議とモチベーションがあがってくるんですよね。

 

お金のことを考えてやる気を出す方法は、目標金額を決めて働いている人に特におすすめの方法です。

キャストとご飯に行く

キャバクラの営業後に、仲のいいキャストとご飯に行く約束をしましょう。

 

「出勤後においしいご飯が食べられる」

 

「仲良しのキャストとたくさんお喋りできる」

 

と思うと、頑張って出勤する気になってくるはず。

 

ご飯には行かなくても、仲のいいキャストと店内で楽しくお話ができるのもうれしいですよね。

 

お喋りは、日頃感じている仕事のストレスが解消できるというメリットもあります。

 

次の出勤も億劫にならないように、仲のいいキャストと思いっきり楽しみましょう。

出勤すればなんとかなると思う

出勤すればなんとかなる、と自分に思い込ませるのもオススメです。

 

案外キャバクラは、出勤してしまうと楽しいもの。

 

痛客の接客には疲れてしまいますが、優しいお客さんとたのしいお酒が飲めたり、キャスト同士いろいろな話ができたりと、楽しいこともたくさんあります。

 

ワイワイと接客をしていたら、あっという間に時間が過ぎることもしばしば。

 

ただ、楽しいからといって、調子に乗ってお酒を飲みすぎてしまわないように気を付けましょう。

 

二日酔いになってしまうと、それこそ次の日の出勤が億劫になってしまうからです。

テンションのあがる音楽を聴く

出勤が辛いときは、テンションのあがる音楽を聴いてみましょう。

 

テンションのあがる曲を聴くと、ネガティブな気分がどこかに飛んでいきますよね。

 

お気に入りのアーティストがいる場合は、寝起きにとりあえずアルバムを流してみるのがおすすめ。

 

いつの間にか鬱々とした気持ちが晴れて、出勤する意欲が湧いてくるかもしれません。

 

「とくに好きな曲がない。。」

 

という場合は、クラブ系ミュージックや元気になれる曲のオムニバスを聴いてみてください。

 

今はスマホひとつでいろいろな音楽が楽しめる時代です。

 

気分が落ち込んだときは、音楽を聴いて元気をもらいましょう。

 

下記の動画は、テンションがあがる洋楽集です。

 

ぜひ一度出勤前にご覧になってみてくださいね。

 

【元気をくれる洋楽BGM】

お客さんにきてもらう

お客さんに営業をして、お店に来てもらう約束をしましょう。

 

お客さんの来店予定が入ると、イヤでも出勤しなくてはいけなくなるからです。

 

私も、キャバに出勤したくないときに、ベッドの中で営業LINEを打ちまくっていました。

 

来店が確定すると、

 

「〇〇さんが来てくれるし、とりあえず出勤するか」

 

と、キャバに行きたくない気持ちが落ち着きます。

 

いっぽう、営業LINEをしてもすぐには連絡が返ってこないことも。。

 

しかし、

 

「今日、みくが出勤してるってLINEが来ていたな」

 

と会社の飲み会帰りにふらっと立ち寄ってくれる可能性もあります。

 

連絡が返ってきてもこなくても出勤しなくてはいけない状況に変わりはありません。

 

とはいえ、

 

「出勤自体したくないのに、わざわざ営業するのが面倒」

 

という方もいますよね。

 

たしかに営業は面倒です。

 

キャバに行きたくない日は、なおさらお客さんに連絡なんてしたくないと思います。

 

しかし、営業をすれば指名本数やドリンクバックが入り、お給料アップにも繋がります。

 

また、指名のお客さんがひとりでもいると、フリーにつくより気楽な場合も。

 

行きたくない気持ちが、行かなければいけないに変わるので、お客さんに営業をするのはかなり効果的です。

 

出勤前には積極的に電話やLINEで営業をしましょう。

たまには当欠しても仕方ない

前述した対処法を試しても、

 

「やっぱり出勤したくない!」

 

という場合は、最終手段として当欠しても仕方ありません。

 

もちろん、毎回のように当欠するのはお客さんにもお店側にも迷惑がかかります。

 

罰金も引かれてしまうことが多いので、女の子にとってもよくないです。

 

体調が悪かったり、メンタル面で本当につらかったりした場合に、しっかりとお店側に伝えてからお休みをするようにしましょう。

 

お店を休む場合は、

 

  • できるだけ早い段階でお店に伝える
  • できれば前日中に連絡する

 

ことを意識するようにしてくださいね。

 

上記のことを踏まえたうえで、当欠するのは仕方ありません。

 

1回の当欠でリフレッシュできて、次回から頑張って出勤できるのならお店側も理解してくれる可能性があります。

 

お店によっては、

 

「出勤する5時間前までに連絡をくれれば大丈夫」

 

「当欠したら違う日に出勤日をずらす」

 

という臨機応変な対応をしてくるケースも。

 

出勤したくないがゆえに当欠をしてしまいがちな方は、上記のようなお店を探してみるのもよいでしょう。

 

 

キャバクラ勤務自体がイヤになってしまったら

キャバクラで働くこと自体がイヤになったり辛くなってしまったら、下記のことを視野にいれてみてください。

 

  • 出勤日数を少なくする
  • キャバクラをやめる
  • キャバクラ派遣で働く

 

まずは出勤日数を減らしてみて、様子をみてみましょう。

 

また、キャバクラ勤務が辛いと感じたときの対処法を下記の記事で紹介しているのでチェックしてみてください。

 

 

それでも当欠ばかりになってしまったり、出勤するのが億劫な日が続いたりしてしまうのであれば、キャバクラ勤務を辞めることも考えてみてくださいね。

 

体調を崩してしまったら、元も子もありません。

 

「キャバクラのノルマや営業が負担で、出勤したくない」

 

のであれば、キャバクラ派遣で働くのもおすすめです。

 

自由出勤でノルマが一切ないので、ストレスフリーで働くことができますよ。

 

キャバクラ派遣については当社MOREもぜひご検討ください。

 

まとめ

キャバクラに出勤したくないときは、メイクをしたりお気に入りのドレスを着たりしてモチベーションをあげましょう。

 

お客さんにお店に来てもらい、出勤せざるを得ない状況を作るのもおすすめの方法です。

 

本当にキャバに行きたくないときは、お店側にしっかり連絡をして当欠するのもOK。

 

もちろん当欠を繰り返したり、無断で休んだりするのは絶対にダメです。

 

当欠はお店やお客さんに多大な迷惑がかかるので、最後の切り札としてとっておきましょう。

この記事を書いた人

みく

2年の在籍キャバ嬢歴あり。
現在、派遣キャバ嬢とキャバ派遣MOREの事務スタッフをかけもち中。

漫画、アニメ、ダイエット、メイクに給料全てを散財して生きています。

経験を活かし、キャバ嬢さんに少しでも役立つ情報を届けるため、記事を作成しています。
自分のストレス発散のためでもありますが(笑)

詳しいプロフィールはこちら

POPULAR POSTS人気記事

RELTION関連する記事こんなまとめも人気です♪

  • キャバ嬢必見「場内指名」の取り方

    2019年11月19日

  • キャバクラの客に「店外で会おうよ!」と言われたときの対処法

    2019年11月19日

  • 朝キャバ、昼キャバとは?夜キャバとの違い、勤務のメリット&デメリットを解説!

    2019年11月19日

  • キャバクラのドリンクバックとは?上手なおねだりの仕方をパターン別で紹介

    2020年04月16日

この記事を書いた人

みく

2年の在籍キャバ嬢歴あり。
現在、派遣キャバ嬢とキャバ派遣MOREの事務スタッフをかけもち中。

漫画、アニメ、ダイエット、メイクに給料全てを散財して生きています。

経験を活かし、キャバ嬢さんに少しでも役立つ情報を届けるため、記事を作成しています。
自分のストレス発散のためでもありますが(笑)

詳しいプロフィールはこちら

NEW新着のまとめ最新のまとめは、ここをチェック

  • キャバ嬢に必須な睡眠‼上質な睡眠の方法を紹介🎵有名キャバ嬢も公言‼

  • 水商売は老ける?キャバ嬢がアンチエイジング必須な3つの理由とは

  • キャバクラ派遣で確定申告が必要になる2つのケースを徹底解説!

新着のまとめ一覧を見る
© キャバクラ派遣MORE All Rights Reserved.