MORE キャバ嬢応援メディア

MORE キャバ嬢応援メディア

キャバクラの営業電話をかける3つのタイミングと注意点について

キャバクラの営業電話ってどうかければいいの?

 

電話番号を交換する流れやタイミングが知りたい

女の子
女の子

 

営業電話について悩んでいる方のために記事を書きました。

 

みくと申します。

 

派遣キャバ嬢歴2年、キャバ派遣会社MOREのスタッフと掛け持ちしながら、派遣キャバ嬢だけで月12万円ほど安定して稼いでいます。

 

結論から言うと、キャバクラの営業電話は閉店後お礼をするときや、お客さんの予定がないときにかけます。

 

「声が聞きたかった」などの理由をつけて営業電話をすると良いですね。

 

また電話番号を交換するタイミングは、名刺を渡した時や帰り際が交換しやすくおすすめです。

 

営業電話の注意点や番号を交換する方法についても下記で詳しく見ていきましょう。

 

 

キャバクラの営業電話は必要?

結論から言うと、キャバクラの営業電話は必要です。

 

売れているキャバ嬢は営業電話も営業ラインも欠かすことはありません。

 

また営業電話をするかしないかでも、お客さんをつかめるかどうかが変わってくる場合もあります。

 

ではなぜ営業電話が必要なのかと、ラインだけではいけない理由を下記でみていきましょう。

ラインだけではだめな理由と電話が必要な理由

お客さんとラインをするのは必須ですが、ラインだけではなく少し電話をする時間を作ることで、温かさや特別感を与えることができます。

 

ラインは文章やスタンプで気持ちを伝えるしかありません。

 

しかし、電話は相手のリアルタイムを知ることができ、声のトーンで気持ちを探ることもできるのです。

 

例えばあなたに好きな彼がいたとします。

 

普段はラインばかりでなかなか電話はしないけど、突然電話がくると嬉しくなりませんか?

 

それはお客さんであっても同じことで、気になる女の子から電話がくると嬉しいし「自分のために時間を作って電話をくれた」と思うのです。

電話はどんなメリットがあるの?
女の子
女の子

 

電話をする事で、お客さんと女の子の仲が少し深まるのがメリットです。

 

またその他にも

 

電話をすることで信頼度が上がる

声で相手の心が読める

相手のリアルタイムや生活感がわかる

 

このようなメリットがあります。

 

ラインをすることがメインとなり、あまり電話をする人は少ないかと思います。

 

だからこそ電話をして特別感を作ることが大事なのです。

キャバクラの営業電話はどんなときにかける?

さて、キャバクラで電話番号を交換したとき、営業電話はどんなタイミングでかけたら良いのでしょうか?

お礼をするとき

お礼の電話は一番自然にかけやすく、営業電話としても効果的です。

 

「昨日はごちそうさまでした。とても楽しかったです。」

 

これをラインで伝えるか電話で伝えるかで、印象もかなり変わります。

 

お礼は心を込めてするものですよね。

 

感謝の気持ちは機械的な文字より、電話で伝えた方が伝わりやすくおすすめです。

 

私がキャバクラで働いていた時の話です。

どちらかと言うと私は電話が苦手で、あまり好んで電話はしませんでした。

その話を聞いたお客さんが、「それじゃあ明日電話待ってるね」と話の流れで次の日電話をすることに。

「お酒の席でお客さんも覚えていないだろう」とは思いましたが、約束してしまったので次の日お礼の電話をかけることにしたのです。

そしたらお客さんも、電話がかかってくるとは思っていなかったらしく「本当に覚えてかけてきてくれたんだね。気に入った!」 とそれ以降指名で通ってくれるようになりました。

どんなに小さなことでも、文字で伝えるより電話で伝えた方が伝わりやすい場合があります。

 

お礼はラインより電話の方が気持ちは伝わりやすいので、ぜひ電話で伝えてみましょう。

番号を交換したあと

番号を交換した後も電話をするチャンスです。

 

自分の番号を相手に教えるために電話をかけるというのはとても自然なこと。

 

自然に電話をかけて自分のことをアピールしておきましょう。

 

「○○のお店の○○です。さっきはご馳走様でした。番号登録したから登録しておいてね。」 と一言添えるだけです。

 

番号交換をしたあとは、可能であれば待機中にすぐに電話で連絡するか、閉店後迷惑な時間でなければ連絡をしてください。

 

こうすることで、忘れられることを回避することができます。

お客さんの予定がないとき

お客さんの予定がないときは営業電話をする人が多いです。

 

今日飲みに出ているかどうかや、お店に誘うために電話で確認をします。

 

ラインではなくあえて電話で確認するのは

 

ラインより早く相手の状況が知れる

ラインより電話の方が気付きやすい

 

などのメリットがあるからです。

 

ラインでは相手の状況がわかりにくくても、電話では生活音やお店の音などでどこにいるか把握することもできますよね。

 

メリットも多いので、来店予約をとりたいときは電話をすると良いでしょう。

キャバクラの営業電話に関する注意点

キャバクラの営業電話はただすればいいだけではありません。

 

電話をする事でお客さんとの関係が築けなくなる場合もあるので、下記で注意点をみていきましょう。

かけてはいけない時間帯にかけない

お客さんに電話をするときは、相手が電話に出られる時間かを考えてかけるようにしましょう。

 

かけてはいけない時間にかけると、お客さんに迷惑がかかってしまったり、最悪の場合お店に来られなくなる場合もあるのです。

 

  • 仕事中
  • 家族の時間
  • 電話がだめと言われている時間

 

などは、電話をしないように気をつけましょう。

 

 

じゃあ、何時くらいに電話をかければいいの?
女の子
女の子

 

電話をかける時間はお客さんの職業や結婚しているかどうかにもよりますが、

  • お昼休み
  • 仕事終わり

などがおすすめです。

 

また電話をかけてもいい時間がわからないようであれば、番号を交換する際に都合の良い時間を一緒に聞いておくのが良いでしょう。

 

空気の読めないキャバ嬢にならないように、電話をかける時間には注意してくださいね。

営業電話の内容について

営業電話は話の内容にも注意しなければなりません。

 

お店に来て欲しい時だけの営業電話だと、「店に来て欲しい時だけしか電話してこない」とお客さんは思うのです。

 

また、話題がなさすぎて沈黙になってしまうのもNG。

 

用事がなくてたわいもない時に電話したり、電話でもお客さんを盛り上げるような内容を考えてみましょう。

 

またガツガツしすぎた営業電話も嫌われるので、さりげなさを意識して営業してくださいね。

 

あからさまな営業電話だけだとお客さんとの関係が築けません。

 

話の内容を考え相手のことを思いやった電話をするようにしてください。

キャバクラの電話番号交換の仕方と流れ

キャバクラで働いていて、電話番号を交換するのは必須。

 

しかしどうやって番号を交換すればいいか、タイミングを掴むのも難しい問題の一つですよね。

 

下記で電話番号を交換するタイミングと番号交換の注意点をみていきましょう。

電話番号交換するタイミング

電話番号を交換するタイミングはとても重要。

 

接客中いきなり「電話番号教えてください」と言ってもすぐに教えてくれる人はほぼいないですよね。

 

だからこそ交換のタイミングは覚えておかなければいけません。

 

名刺を渡したorもらった時

ラインを聞いたとき

電話の話の流れで交換する

 

このようなタイミングで交換するのがおすすめ。

 

名刺を渡した時やもらったときは、「この番号に電話したら○○さん電話出てくれますか?」と聞いてみるのもいいですね。

 

私がお客さんと電話番号を交換するときは、ラインを聞くタイミングで番号を聞いていました。

周りのキャバ嬢達がライン交換するときはQRやID検索で交換している人が多かったです。

しかし私は「ライン消えたら困るから電話番号も教えて!そしたら電話もできるし」と言って、必ずラインと同時に電話番号も交換していました。

無理に電話番号を交換するのはよくないですが、お客さんとのタイミングを見計らって電話番号を交換してみてくださいね。

 

席について15分や20分で番号交換できる自信がない
女の子
女の子

 

確かにそういう人もいるかとは思います。

 

フリーの席につけるのは長くても20分なので、その間に会話や名刺交換さらに番号交換もしなければなりません。

 

それが少し難しいと感じる場合は、派遣キャバクラをおすすめします。

 

弊社派遣キャバクラMOREでは、番号交換の必要は一切ないし、お客さんと連絡を取る必要もありません。

 

さらに好きな日に出勤もできるので自分の都合の良い時間で出勤可能です。

 

ぜひ一度検討してみてくださいね。

 

番号交換の注意点

番号交換をする時は、自分の電話番号を教えるだけではなく、必ずお客さんの電話番号を聞くようにしてくださいね。

 

お酒の席なので番号を交換したことを忘れてしまう人もいるし、あなたの事が印象に残っていない場合もあります。

 

お客さんに自分の電話番号を教えるだけだと、後から電話がかかってこない事が多いです。

 

そしてそのまま、せっかくのお客さんを掴むチャンスを逃がしてしまうのです。

 

一回のチャンスを逃さないよう、番号交換をするときは必ずお客さんの番号も聞きましょう。

まとめ

キャバクラの営業電話はお礼をするときや、お客さんの予定がないとき、用事がない時でもかけるようにしましょう。

 

あまり強引な営業目的の電話は好まれないので「声が聞きたかった」などの理由をつけて営業電話をすると良いですね。

 

また電話番号は、名刺を渡した時や帰り際にするようにして必ず相手の電話番号を聞くようにしてください。

この記事を書いた人

みく

2年の在籍キャバ嬢歴あり。
現在、派遣キャバ嬢とキャバ派遣MOREの事務スタッフをかけもち中。

漫画、アニメ、ダイエット、メイクに給料全てを散財して生きています。

経験を活かし、キャバ嬢さんに少しでも役立つ情報を届けるため、記事を作成しています。
自分のストレス発散のためでもありますが(笑)

詳しいプロフィールはこちら

POPULAR POSTS人気記事

RELTION関連する記事こんなまとめも人気です♪

  • キャバ嬢必見「場内指名」の取り方

    2019年11月19日

  • キャバクラの客に「店外で会おうよ!」と言われたときの対処法

    2019年11月19日

  • 朝キャバ・昼キャバとは?特徴やメリット・デメリットを徹底解説!

    2020年10月01日

  • キャバクラのドリンクバックとは?上手なおねだりの仕方をパターン別で紹介

    2020年04月16日

この記事を書いた人

みく

2年の在籍キャバ嬢歴あり。
現在、派遣キャバ嬢とキャバ派遣MOREの事務スタッフをかけもち中。

漫画、アニメ、ダイエット、メイクに給料全てを散財して生きています。

経験を活かし、キャバ嬢さんに少しでも役立つ情報を届けるため、記事を作成しています。
自分のストレス発散のためでもありますが(笑)

詳しいプロフィールはこちら

NEW新着のまとめ最新のまとめは、ここをチェック

  • 現役派遣キャバ嬢がキャバクラ派遣のメリット&デメリットを解説!

  • キャバクラ派遣はマイナンバーが必要?会社や親にバレるかについても

  • キャバクラ派遣は初心者におすすめ!知っておきたい3つの理由とは

新着のまとめ一覧を見る
© キャバクラ派遣MORE All Rights Reserved.