MORE キャバ嬢応援メディア

MORE キャバ嬢応援メディア

主婦でもキャバクラで働ける?知っておきたいメリットデメリットとは

主婦をしながらキャバクラ勤務はできる?

 

主婦がキャバクラで働く場合のメリット、デメリットが知りたい!

女の子
女の子

という方のために記事を書きました。

 

みくと申します。

 

派遣キャバ嬢歴2年、キャバ派遣会社MOREのスタッフと掛け持ちしながら、派遣キャバ嬢だけで月12万円ほど安定して稼いでいます。

 

結論から言うと、主婦をしながらでもキャバクラで働くことはできます。

 

主婦がキャバクラで働くメリットは、短い時間で高い収入が得られ、美意識があがること。

 

デメリットは、旦那さんと不仲になってしまう可能性があることです。

 

主婦がキャバクラで働くときのメリットデメリットに加え、働きやすいお店の特長についても詳しく解説していきます。

 

主婦をしながらキャバクラで働ける?

主婦をしながらでも、キャバクラで働くことはできます。

 

キャバクラは、たった数時間働くだけで高いお給料をもらえるので、時間がない主婦にはピッタリのお仕事です。

 

一般的なアルバイトに比べて、キャバクラの時給は2,000円~5000円と高め。

 

頑張り次第では、旦那さんの月収を超えることも可能ですよ。

 

主婦は家事や育児に追われて、忙しい日々を送っています。

 

「働く時間を作るのが難しい…。」

 

「パートくらいならなんとかできるけど、会社員並みの収入を稼ぐのは難しそう。」

 

こんな風に悩んでいる方も多いですよね。

 

キャバクラなら、3~4時間ほどの短い勤務であっても1日10,000円以上稼ぐことができますよ。

 

1日のうち少しでも時間を作れるのであれば、主婦でもキャバクラで働けます。

主婦がキャバクラで働くメリット

続いて、主婦がキャバクラで働くメリットについて詳しくお話していきますね。

収入が増える

主婦がキャバクラで働くようになると、世帯収入が増えます。

 

今まで旦那さんだけの収入でやりくりしていたのが、旦那さんのお給料にプラスしてキャバクラのお給料がもらえるように!

 

すると、貯蓄に回すのはもちろん、自由に使えるお金もかなりアップしますよね。

 

旦那さんの月収が30万円だとしましょう。

 

あなたがキャバクラで月15万円稼いだとしたら、世帯収入は月に45万円にもなるわけです。

 

収入が増えると、下記のようなお金の使い方ができるかもしれません 。

 

  • +10万円の貯金ができる
  • 自分の美容にかけられるお金が増える
  • 食費にお金がかけられる

 

主婦が短時間でここまで収入を増やせるのは、高収入のキャバクラだからこそできること。

 

収入の増加は、主婦がキャバクラで働く最大のメリットといえるでしょう。

美意識が高まる

主婦がキャバクラで働くと、美意識が高くなるというメリットも。

 

なんでキャバクラで働くだけで美意識が高くなるの?
女の子
女の子

 

キャバクラで働き始めると、他のかわいいキャバ嬢たちに刺激をうけ自然と美に興味を持つようになるからです。

 

お店にもよりますが、キャバクラで働いている女の子たちは基本的にかわいい子ばかり。

 

入店した当初はいたって普通のルックスであっても、

 

「私ももっとかわいくなりたい!」

「あの子のメイク、真似してみようかな…。」

 

と思うようになり、自分磨きをしてどんどんキレイになっていきます。

 

以前私が働いていたキャバクラに、30歳の主婦の方が入店したことがありました。

最初は少し地味な感じだったのですが、働くにつれてどんどんお店の雰囲気ピッタリに!

自然と美意識が高くなっていったようです。

髪色やメイク方法を変えるだけで、人ってだいぶ変わるんだなぁと驚きました。

もちろん、キレイになっていくにつれて指名客も増加。

自分に自信を持てるようになると堂々とした接客ができるようになるので、結果として売り上げも伸びるんですね。

 

かわいい子に囲まれていると、不思議なことに自然とキレイになっていきます。

 

「もっとキレイになりたい!」

 

と思っている主婦の方にとって、キャバクラで働くだけで美意識が高まるのはかなりのメリットと言えるのではないでしょうか。

短い時間で稼げる

短い時間で稼げるのも、主婦がキャバクラで働くメリットのひとつ。

 

いつも忙しい主婦にとって、短時間でお金が稼げるのはとてもありがたいですよね。

 

毎日の家事はもちろんのこと、子どもがいる方は育児までしなければいけません。

 

そんな中、普通のパートの短い時間では、稼げるお金は微々たるもの。

 

キャバクラは普通のパートで働くよりも圧倒的に高時給です。

 

1日4時間週3回しか出勤できないとしても、10万円稼げることも珍しくありません。

 

短い時間しか働くことができない主婦にとって、効率よく稼げるキャバクラはおすすめのアルバイトと言えます。

主婦がキャバクラで働くデメリット

主婦がキャバクラで働くことは、必ずしもメリットだけではありません。

 

気を付けなければいけないデメリットについても触れていきますね。

不規則な生活になる

主婦がキャバクラで働き始めると、不規則な生活になってしまうというデメリットがあります。

 

一般的なキャバクラは、夜から深夜にかけて営業しています。

 

その時間に出勤していると、どうしても昼夜逆転の生活になってしまいますよね。

 

0時にお店をあがったとしても、家に帰ってご飯を食べたりお風呂に入ったりしていると時計の針はあっという間に2時3時に…。

 

そして朝の6時から家事や育児をこなすとなると、睡眠時間があまりとれないことも。

 

不規則な生活が原因で体調を壊してしまうと、次のようなことが起こってしまうかもしれません。

 

家事や育児がおろそかになる

お肌や髪がボロボロになってしまう

 

これでは、どんなに収入が増えたとしても身が持ちませんよね。

 

不規則な生活にならないキャバクラの働き方ってないの?
女の子
女の子

 

キャバクラ勤務でも、不規則な生活にならないような働き方もあります。

 

朝・昼キャバで働いたり、自分の都合のいい日にだけ働けるキャバクラ派遣に登録したりすると、生活リズムを壊さずに済みますよ。

 

月に何回も出勤するのは厳しい

小さな子どもがいてシフト通りに仕事に行けるかわからない

 

上記のような悩みを持つ主婦の方には、キャバクラ派遣をオススメします。

 

キャバクラ派遣は、登録さえすれば出勤できない月があっても、30回出勤したとしても大丈夫。

 

自分の都合に合わせて働くことができるので、体調管理もしやすいです。

 

ノルマや営業の必要もないので、プライベートと仕事をしっかりと分けたいとお考えの主婦の方にピッタリなんですよ。

 

キャバクラ派遣は、当社MORE派遣もぜひご検討ください。

 

不規則な生活になってしまうのは、日頃家事・育児に追われている主婦にとって大きなデメリットになってしまいよね。

 

朝・昼キャバやキャバクラ派遣で働くことを視野にいれると働きやすくなるでしょう。

夫と不仲になる可能性がある

主婦がキャバクラで働き始めると、旦那さんと不仲になってしまう可能性も考えられます。

 

キャバクラのせいで旦那と不仲になっちゃう理由が知りたい!
女の子
女の子

 

理由は下記の通りです。

 

お酒を飲みすぎて家事育児をおろそかにしてしまう

浮気や不倫をしないか不安に思われる

そもそも夫がキャバクラをよく思っていない

 

キャバクラを始めると、避けて通れないのが飲酒です。

 

仕事中、ついつい頑張って飲みすぎてしまってベロベロで帰宅してしまう…なんてこともあるでしょう。

 

泥酔したり、二日酔いになったりすると、家事や育児が面倒に感じてしまいがちです。

 

いくら家事育児に積極的な旦那さんでも、奥さんが出勤のたびに何もしないとなると、嫌気がさしてしまいますよね。

 

また、

 

「キャバクラ=疑似恋愛を楽しむ色恋営業・体の関係を持つ枕営業」

 

というよくないイメージを持っている旦那さんも多いでしょう。

 

それにキャバクラは異性との出会いがたくさんあるので、

 

「浮気や不倫をされたらどうしよう…。」

 

と不安に思っている男性もたくさんいます。

 

そんな旦那さんの意見を押し切ってキャバクラで働けば、不仲になってしまうのは当然です。

 

内緒で働いたとしてもバレてしまえば離婚問題になりかねないので要注意。

 

旦那さんと不仲にならないためには、下記の方法がオススメです。

 

  • ノンアルコールで働く
  • 同伴・アフター・指名制度がないキャバクラ派遣で働く
  • 家事・育児について夫婦で話し合う

 

話し合ってお互いが納得出来たら、キャバクラ勤務を考えるのがいいでしょう。

 

 

キャバクラで働くことが原因で、旦那さんと不仲になってしまうのは辛いもの。

 

お金を稼ぐことも大切ですが、なによりも家庭を第一に考えてくださいね。

主婦が働きやすいキャバクラ店の特長

主婦が働きやすいキャバクラ店の特長をまとめました。

 

詳しく解説していくのでキャバクラ探しの参考にしてくださいね。

昼キャバや朝キャバ

昼キャバや朝キャバは、夜に外出しにくい主婦にピッタリ。

 

営業時間が普通のパートの時間帯とほぼ同じなので、働きやすいんですよ。

 

通常のキャバクラの営業時間は、大体20時から深夜1時まで。

 

主婦が働くには少し遅いですよね。

 

それに比べて、朝キャバ・昼キャバの営業時間は下記の通り。

 

朝キャバの営業時間は早朝4時~お昼まで

昼キャバの営業時間は13時~18時くらいまで

 

早朝をのぞけば、どれも比較的主婦でも外出しやすい時間帯です。

 

この時間帯だったら営業している託児所・保育園も多いので、子持ちの方にも安心ですね。

 

そしてあまりオススメはしませんが、旦那さんがお仕事をしていることも多い時間なので、内緒で働くこともできちゃいます。

 

私の友人は26歳のときにキャバクラを上がって結婚。

しかし結婚1年後に昼キャバでキャバクラ復帰を果たしました。

「本当はフツーに夜のキャバで働きたかった!」

と言っていましたが、旦那さんが許してくれなかったみたいです。

実際昼キャバで働き始めると、

「夕方には家に帰れるし、お酒が次の日に残ることがないから体の調子がいい!」

と言って喜んでいましたよ。

朝キャバ昼キャバについては下記の動画で詳しく説明しています。

 

興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

【【シングルマザーのモーニングルーティーン】昼キャバ出勤前/朝家事/Morning Routine/シンママ/主婦】

夜に外出が難しい主婦は、昼キャバ朝キャバで働くのがオススメですよ。

年齢層が高めのお店

20代後半以降の主婦がキャバクラで働く場合、年齢層が高めのお店を選ぶといいでしょう。

 

若い子しかいないお店の場合、

 

「なんだか働きづらいなぁ。」

「私キャバクラ合ってないかも…。」

 

と思ってしまう可能性があるからです。

 

もちろん、10代・20代前半の主婦の方は若いキャストが多いお店でも問題ないでしょう。

 

しかし、20代後半以降の方は年齢層が高めのお店の方が居心地がよく、指名もとりやすいですよ。

 

30代・40代のキャストが多いお店には、同じ主婦の方も多く働いています。

 

境遇が一緒の方が多いとすぐに打ち解けられ、出勤も楽しくなりますよね。

 

お客さんも若い女の子を求めて飲みにきているわけではないので、ナチュラルな接客ができます。

 

また、年齢層が高いお店だとスタッフも主婦に理解を示してくれることが多いです。

 

「子どもが熱を出してしまった…!」

「旦那にキャバクラ勤務がバレてしまった…。」

 

こんなトラブルが起きて当欠や遅刻をしてしまっても、大目に見てくれるケースも。

 

もちろん、基本的に当欠は迷惑な行為なので極力しないように心がけるのが前提ですよ。

 

20代後半の方は、年齢層高めのお店も検討してみてくださいね。

 

年齢層が高めなお店には、姉キャバや熟キャバがあります。

 

キャバクラとの違いを下記の記事で説明しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

託児所が近い店

子どもがいる主婦の方は、託児所が近くにあるお店を選ぶといいでしょう。

 

子どもに何かあってもすぐに駆けつけられる

通勤時間を節約できる

 

上記の理由があるからです。

 

子どもの体調不良で託児所のスタッフにお迎えを要請されることは多々あります。

 

そんな時、お店の近くに託児所があればすぐにお迎えにいけるので安心です。

 

また、託児所からお店までの通勤時間を節約できるのもうれしいポイント。

 

お店から遠い託児所に子どもを預けると、仕事前や仕事終わりの送り迎えがとても大変ですよ。

 

とくに、お酒が入っているときにのお迎えは要注意。

 

長時間抱っこしての移動はとても危険なので、お酒が入っているときは家までタクシーを使うのがオススメです。

 

どうしてもお店の近くに預け先がない場合は、自宅の近くの託児所を探してみるのもいいですね。

 

家からもお店からも遠い託児所の利用は控えましょう。

 

子持ちの主婦がキャバクラで働く場合は、託児所が近くにある店舗を選ぶといいですよ。

家から距離がある店

主婦が働きやすいお店の特長のひとつに、家から距離があるお店も挙げられます。

 

「家から近い方が通勤時間が短くて楽なのに、わざわざ遠い所に行かなきゃいけないの?」

 

たしかに通勤時間が短い方が負担がありませんし、近場で働いたほうが楽です。

 

しかし、家から近いお店での勤務は、身バレの可能性が高くなってしまいます。

 

家の近くで働くと、 ・夫の会社の人 ・地元の友だち ・親戚 など、知り合いが来店してしまうことが十分考えられますよね。

 

少し離れたエリアで働くのなら知り合いがいる確率も低いので、身バレのリスクは少なくなりますよ。

 

また、絶対に身バレをしたくないのであれば、下記のことにも気を付けましょう。

 

  • 偽名を使う
  • 個人情報がバレやすいSNSの投稿に気をつける

 

家から遠いお店を選ぶだけで、知り合いにキャバクラ勤務がバレする心配が少なくなります。

 

主婦の方は、自宅近くで働くことは極力避けましょう。

まとめ

主婦をしながらでも、キャバクラで働くことはできます。

 

主婦がキャバクラで働くようになると、世帯収入が増えたり美意識が高くなったりするというメリットがあります。

 

短い時間でサクッと稼げるのもうれしいポイントです。

 

デメリットは、旦那さんとと不仲になる可能性があるという点。

 

主婦には、昼キャバや朝キャバ、好きな時間だけ働けるキャバクラ派遣をオススメします。

 

また、20代後半以降なら年齢層が高めのお店を、子持ちならば託児所が近いお店を選ぶことも大切ですよ。

この記事を書いた人

みく

2年の在籍キャバ嬢歴あり。
現在、派遣キャバ嬢とキャバ派遣MOREの事務スタッフをかけもち中。

漫画、アニメ、ダイエット、メイクに給料全てを散財して生きています。

経験を活かし、キャバ嬢さんに少しでも役立つ情報を届けるため、記事を作成しています。
自分のストレス発散のためでもありますが(笑)

詳しいプロフィールはこちら

POPULAR POSTS人気記事

RELTION関連する記事こんなまとめも人気です♪

  • キャバ嬢必見「場内指名」の取り方

    2019年11月19日

  • キャバクラの客に「店外で会おうよ!」と言われたときの対処法

    2019年11月19日

  • 朝キャバ・昼キャバとは?特徴やメリット・デメリットを徹底解説!

    2020年10月01日

  • キャバクラのドリンクバックとは?上手なおねだりの仕方をパターン別で紹介

    2020年04月16日

この記事を書いた人

みく

2年の在籍キャバ嬢歴あり。
現在、派遣キャバ嬢とキャバ派遣MOREの事務スタッフをかけもち中。

漫画、アニメ、ダイエット、メイクに給料全てを散財して生きています。

経験を活かし、キャバ嬢さんに少しでも役立つ情報を届けるため、記事を作成しています。
自分のストレス発散のためでもありますが(笑)

詳しいプロフィールはこちら

NEW新着のまとめ最新のまとめは、ここをチェック

  • 現役派遣キャバ嬢がキャバクラ派遣のメリット&デメリットを解説!

  • キャバクラ派遣はマイナンバーが必要?会社や親にバレるかについても

  • キャバクラ派遣は初心者におすすめ!知っておきたい3つの理由とは

新着のまとめ一覧を見る
© キャバクラ派遣MORE All Rights Reserved.