MORE キャバ嬢応援メディア

MORE キャバ嬢応援メディア

年齢・ストレスの壁を越える!キャバ嬢に必須な「睡眠」について

Pocket

Pocket

元気に働く上で欠かせないのが、質の良い睡眠。でもキャバ嬢をやっていると、「深夜まで働いてアフターまで行ったら、もう日が昇る時間!家に帰っても寝つきが悪くて、いつも寝不足。。。」ということも多いかと思います。

 

 

 

また、長年このお仕事をしているベテランキャバ嬢さんや、昼職も忙しい兼業キャバ嬢さんは、年齢やストレスからくる疲れも溜まりやすいので、特に睡眠は大事になってきます。

 

 

 

ということで今回は、すぐに寝付けて、ぐっすり熟睡するための方法をお伝えします。

お風呂にゆっくり浸かる

 

 

 

40℃くらいの温度でお湯をはって、ゆっくり全身浴をしましょう。あたたかい血液が体をめぐって心地よくなってきます。熱めのお湯にしてしまうと、交感神経が刺激されてリラックスできなくなってしまうので注意。

 

 

また、お風呂に入るタイミングは、就寝30分前くらいが◎。入浴後すぐに寝てしまうと、体がほてったままなので寝つきが悪くなり、逆効果。ほどよく冷ましてから布団に入りましょう。

寝る1時間前に照明を落とす

 

 

夜でも明るい光のもとにいると、脳がまだ昼間であると勘違いして、睡眠ホルモンの分泌が抑制されてしまいます。寝る1時間前には照明を暖色系や暗めの明るさに変え、脳をリラックスさせましょう。

 

 

電気を完全に消して、キャンドルライトにするのもOK!ゆっくりゆれる炎の色には、人の気持ちを落ち着かせる効果があるそうです。

 

食事は寝る3時間前までに済ます

 

 

胃が消化活動をしている間は、エネルギーを使っています。がエネルギーを使っている間、眠りは妨げられてしまうので、食べてすぐ寝ると熟睡できないのです。

 

 

理想は、寝る3時間前には食事を済ませること。アフターより、同伴や出勤中の時間を使って食事を済ませたほうが良いでしょう。

 

パソコンやスマホを見ない

 

 

パソコンやスマホから発せられるブルーライトという光、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。ブルーライトは、スムーズな寝つきを妨げてしまう大きな要因です。

 

 

なぜブルーライトがそこまで影響するのかというと、人の眠気を誘うホルモン「メラトニン」の分泌を抑制し、逆に目を覚まさせて集中力を高めてしまうからなんです。日中眠くなっているときには効果的かもしれませんが、寝る前に見てしまうと、目も体もリラックスできなくなってしまいます。

 

 

パソコンやスマホを見るのは、就寝前は控えましょう。どうしても使わなければいけない用事がある場合は、液晶画面の明るさを弱くしたり、背景の色を暗くしたりすると、睡眠への影響を弱めることができます。

 

呼吸を変えてリラックス

 

 

呼吸で全身をリラックスさせ、快眠に導く方法があります。簡単にできるので、寝つきが悪いときは是非実践してみてください!

 

  1. おなかを膨らませながら、ゆっくりと息を吸う。
  2. おなかをギューっとへこませながら、吸ったときの倍くらい時間をかけてゆっくり息を吐く。
  3. 1~2を何度か繰り返す

 

何日か続けることで、体の力がスッと抜けるような感じが掴みやすくなり、より寝つきが良くなっていきます。

 

 

寝酒をしない

 

仕事でもたくさん飲んだのに寝付けないから、寝酒も飲んじゃう!という人、私の周りにもたまにいました。でもこれ、ますます寝つきの悪い体になってしまうので要注意です。

 

 

眠くなった感じになるのは、寝る前の一時的なこと。なので、眠っている最中に目が覚めやすくなったり、トイレに行きたくなってしまったりするのです。

 

 

しかも、寝酒が習慣になっていくと、最初は少量で済んでもだんだん効かなくなってきて、次第に飲酒量が増えていくようになります。そうすると、ますます睡眠の質が悪くなる。。。という悪循環に。お酒とは上手に付き合って、睡眠には利用しないように気をつけましょう。

 

休日に寝貯めしない

 

何も予定が無く寝坊ができる日は、昼過ぎまでゆっくり寝てしまうこともあると思います。でも遅くまで寝ていると、体内時計のリズムが乱れてしまうので、逆に日中眠くなりやすく、夜は寝付きにくくなってしまいがちに。

 

 

ゆっくり眠って体を休めたいときは、まずいつも通りに近い時間に起きて、その後昼寝をして寝足りない分をカバーしましょう。昼寝も長すぎると体に支障が出るので、2時間以内を目安にしましょう。

 

読書を控える

 

寝る前に本を読む習慣がある人も注意です。特に初めて読む小説など、思わず読み勧めてしまう本はなるべく控えましょう。

 

 

頭を使うようなことをすると、神経伝達物質の一種である「ドーパミン」が分泌されます。ドーパミンが出ると、脳は活性化するので、興奮した状態に。

 

 

寝る前にちょっと読みたいなーと思ったら、既に読んだことがあってだいたい内容が分かっているものや、眺めるだけでOKの写真集・漫画などにしてみましょう。そうすると脳の興奮が鎮まります。


このほかにも快眠のための方法はたくさんありますが、今日からすぐに実践できることを挙げてみました。ゆっくり休んで、明日も元気に働きましょうね♪

 

自分のペースで健康的に出勤できる!キャバクラ派遣はコチラ

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったらフォローしよう!

この記事が気に入ったらシェア

Pocket

RELTION関連するまとめこんなまとめも人気です♪

  • 案外喜ばれる!タバコを吸うキャバ嬢

    2019年08月12日

  • キャバクラ派遣でバイトをする子は、ココに注意!!

    2019年08月13日

  • キャバクラと掛け持ちもOK!「ライブチャット」でトークを磨いてお小遣い稼ぎ♪

    2019年04月26日

  • 仕事がデキるキャバ嬢は「歯・唇・髪・爪」をケアしてる!

    2019年05月23日

  • キャバ嬢必見!指名本数アップに直結する「持ち物」とは?

    2019年08月13日

ご登録、ご相談はこちら
お電話でのご応募、お問合せはフリーダイヤル0120-949-774

PICK UPおすすめのまとめいまMOREで注目のまとめ

  • キャバクラが衰退し、つまらなくなった現代。これからどうしていけばいい?

  • キャバクラで働いて、給料が少なすぎると思ったときの対処法

  • 仕事がデキるキャバ嬢は「歯・唇・髪・爪」をケアしてる!

  • 「指名を取る」以前の問題!お客様からNG、チェンジされるキャバ嬢について

  • ガールズバーやキャバクラでボーイとの風紀がイケない3つの理由とおきる2つの原因

NEW新着のまとめ最新のまとめは、ここをチェック

  • キャバクラの人間関係がドロドロしてるって本当?派閥争いってあるの?

  • キャバクラ派遣は、究極に働きやすくて稼ぎやすい!

  • キャバ嬢必見!指名本数アップに直結する「持ち物」とは?

新着のまとめ一覧を見る

忙しいあなたはSNSで
MOREをチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINEにて、キャバクラに興味がある全ての女の子に、毎日厳選してキャバクラ情報をお届けしています!

Instagram
友だち追加

店舗様はこちら

MORE店舗様ページ