MORE キャバ嬢応援メディア

MORE キャバ嬢応援メディア

キャバクラでお触りを回避できるたった5つの方法

「キャバクラでお触りをされたときの対処法が知りたい」

 

「どの程度のお触りまで許容するべきか知りたい」

 

「触られやすいキャバ嬢の特徴が知りたい」

 

このようなお悩みをお持ちの方のために記事を書いています。

 

みくと申します。

 

私もキャバクラで働いていて、辞めてほしいと伝えたのにも関わらず、お客さんに触られた経験があります。

 

先日したツイートです。

 

 

お客さんのお触りを回避するには、叱ったり話題を変えたりするのが効果的。

紳士的な扱いをするのもオススメです。

それでもダメだったら、ボーイやスタッフにすぐに相談してください。

 

私の体験談を元に、キャバクラでのお触りについて解説していきます。

 

今悩んでいるあなたの参考になれば幸いです。

 

お触りしてくる客の心理って?


キャバクラでお触りしてくるお客さんの心理は以下の通りです。

 

  • 酔っ払った勢い
  • とにかく女の子に触れたい
  • キャバクラをセクキャバや風俗と一緒くたにしている
  • お客様は神様だと思っている
  • 高い金払ってるんだからお触りくらいいいだろと思っている
  • 嫌がるキャバ嬢の反応をみたい

 

お触りをしてくるお客さんの考えは、ご覧の通りどれも自己中心的なもの。

 

残念ながら、ルールを守ってスマートに遊べない人も存在するのです。

 

お触りだけでなく、暴言を吐いてきたり説教をしてきたりするお客さんの対処法は下記の記事を参考にしてください。

 

 

お触りされやすいキャバ嬢の特徴

キャバ嬢の中にも、お触りされやすいタイプとされにくいタイプがいます。

 

お触りされやすいキャバ嬢の特徴は以下の通り。

 

  • 声が小さくて気弱そう
  • 媚びを売る接客スタイル

 

それぞれ詳しく解説していきます。

声が小さく気弱そう

声が小さくて気弱そうなキャバ嬢は、お触りをされやすい傾向にあります。

 

なぜならお客さんに、

 

「この子なら触っても文句を言われないだろう」

 

と思われてしまう可能性があるから。

 

とくに、緊張している新人のキャバ嬢は気を付けましょう。

 

私が以前働いていたお店では、入店したばかりの後輩キャバ嬢がお客さんに触られてしまうことがありました。

 

後輩ははじめての接客にとても緊張していたみたいで、喋り声も小さくなっていました。

 

「この子ならいけるかもしれない」

 

と思ったフリーの客が、その子のお尻を軽くタッチ。

 

もちろん後輩は、拒否することもできずにいました。

 

たまたま同じ卓に座っていたキャストが後輩が触られているのに気付き、お客さんに注意をしてくれたので、それ以上の被害はなかったようです。

 

このように、とにかく気が弱そうな子に対して強気になって触ってくるお客さんは多いです。

 

気が弱い新人のキャバ嬢がお客さんに触られてしまう、下記の動画も参考にしてくださいね。

 

【新人キャバ嬢をお触りする客にベテランキャバ嬢が怒涛の反撃】

媚びを売る接客スタイル

媚びを売る接客スタイルである色恋営業やイチャ営。

 

また、下ネタトークばかりをするキャバ嬢はお触りされやすいので要注意です。

 

「俺のことが好きなら触っても問題ないだろう」

 

「こんなに下ネタばかり話して、俺に気があるんじゃないか」

 

などと思うお客さんもいるからです。

 

色恋営業やイチャ営をしているキャストにありがちなのが、

 

「ちょっとだけなら触らせてあげてもいいかな。。」

 

と、お触りを我慢してしまうこと。

 

すると、

 

「この間触らせてくれたし、今日はもうちょっと触ってもいだろう」

 

と勘違いされ、お客さんが店に来るたびにお触りがエスカレートしてくる可能性があるので気を付けましょう。

お触りってどこまで許容するべきなの?


色恋やイチャ営が自分に合った接客方法である場合、お客さんに全く触れないで営業するのは難しいですよね。

 

では、お触りはどこまで許容すべきなのでしょうか。

 

結論を言ってしまうと、

 

  • 手を握る
  • 腕を組む
  • くっつく

 

くらいはOKのキャバ嬢が多いです。

 

胸やお尻を触ってくるなどの、あまりにもひどいお触りを許容すると、

 

「あの子は触らせてくれたのに、なんで君はダメなんだ」

 

などと、他のキャストに言い出すお客さんもいるので要注意です。

お触りを回避する方法


お触りを回避する方法は以下の通りです。

 

  • 触られない姿勢をキープする
  • できるだけ早めに叱る
  • 話題を変える
  • 紳士扱いする
  • 店のスタッフに助けてもらう 

 

 それぞれ詳しく説明していきます。

触られない姿勢をキープする

触られない姿勢をキープして、セクハラ客から身を守りましょう。

 

日頃から正しい姿勢で接客をしていると、触られる確率もグンと減ります。

 

触られない姿勢とは、背筋を伸ばして浅くソファーに腰掛け、自分の膝とお客さんの膝が触れる様に座ること。

 

この姿勢は、お客さんからするととても触りにくいのが特徴。

 

しかし、膝をしっかりとくっつけることで満足してくれるお客さんも多いです。

 

キャバ嬢の基本の座り方でもあるので、覚えておいて損はありませんよ。

できるだけ早めに叱る

お客さんが触ってきたら、できるだけ早めに叱るようにしましょう。

 

お触りを我慢していたら、

 

「この子はいける」

 

と思われてエスカレートするだけだからです。

 

「ダメですよ」

 

「やめてください」

 

などとストレートに伝えることが大切です。

 

毅然とした態度をとりながらも、できるだけ柔らかい雰囲気で叱ると効果抜群です。

話題を変える

お客さんが触ってきたら、ガラっと話を変えてみるのもオススメ。

 

話題とともに空気も触りにくい方向へ変えることができるからです。

 

「そうだ。〇〇さん、野球好きって言ってましたよね」

 

「この間私もはじめて観戦してみたんですけど」

 

などとマシンガントークをはじめると、お客さんがびっくりして触っていた手を止めることがあります。

 

うまく話の流れを変えることで、お客さんがおさわりしにくい雰囲気に持っていけるので試してみてくださいね。

紳士扱いする

「さっきのお客さんに触られて本当に嫌だった」

 

「〇〇さんは紳士でキレイな飲み方するから、一緒にいて楽しいんだよね」

 

などと、お客さんを紳士扱いしておだててみましょう。

 

かっこつけたがりはもちろん、あなたに好かれたいと思ってるお客さんには効果抜群です。

 

できれば、お触りされだす前から紳士扱いしておくと、触ってくるのを予防することもできますよ。

 

相手の気持ちをうまくコントロールして、自分の身を守りましょう。

店のスタッフに助けてもらう

悲しいことに、どんなにやめてといっても、話題を変えても、しつこく触ってくる客もいます。

 

「自分じゃ対処しきれない」

 

と思ったら、すぐにボーイや店のスタッフに相談しましょう。

 

私も、どんなに断っても触ってくるフリー客にあたってしまったことがあります。

 

「少しくらいいいじゃん」

 

「ここ、そういう店じゃないの?」

 

と言われ、ボーイが見ていない隙に太ももやお尻を触られました。

 

「本当にやめてください」

 

「ここはそういうお店じゃないんですよ」

 

と伝えてもまるで意味がなし。

 

やりたい放題で本当に腹が立ったのを、数年経った今でも思い出すくらいです。

 

私もさすがに我慢の限界になり、席を立ちボーイに相談しにいきました。

 

すぐさまそのお客さんは追い出され、他のキャストが被害に合ってしまう可能性もあるので出禁に。

 

とはいえ、

 

「店のスタッフに、それくらい我慢してと言われたらどうしよう。。」

 

と心配になる方もいますよね、

 

確かに、お触りの基準は曖昧なところがあります。

 

自分は触られたと思っても、他人からみると軽いボディタッチだった、ということもあり得ます。

 

 

しかし、自分が少しでもイヤな思いをしたのならば、躊躇せずに店のスタッフに相談すべきです。

 

もしボーイに、

 

「それくらいのお触りは我慢して」

 

などと言われたら、その店がよくない証拠。

 

そんなお店、我慢せずにすぐやめるべきです。

 

たいていのお店は、女の子がお客さんに触られたらすぐに対応してくれるので安心してくださいね。

まとめ

お客さんに触られやすいキャバ嬢の特徴は、声が小さくて気弱そうだったり、媚びを売る接客スタイルをしていたりする子です。

 

お客にさんにお触りをされたら、叱って話題を変えたり、紳士的な扱いをしたりしましょう。

それでも効果がなかったら、店のスタッフに相談してみてくださいね。

 

接客スタイルは自由なので、手を握ったり軽くくっついたりするくらいはOKのキャバ嬢もいます。

 

しかし、お客さんがエスカレートしないように、少しでも自分がイヤだな、と思うことをされたら拒否しましょう。

この記事を書いた人

みく

2年の在籍キャバ嬢歴あり。
現在、派遣キャバ嬢とキャバ派遣MOREの事務スタッフをかけもち中。

漫画、アニメ、ダイエット、メイクに給料全てを散財して生きています。

経験を活かし、キャバ嬢さんに少しでも役立つ情報を届けるため、記事を作成しています。
自分のストレス発散のためでもありますが(笑)

詳しいプロフィールはこちら

POPULAR POSTS人気記事

RELTION関連する記事こんなまとめも人気です♪

  • キャバ嬢必見「場内指名」の取り方

    2019年11月19日

  • キャバクラの客に「店外で会おうよ!」と言われたときの対処法

    2019年11月19日

  • 朝キャバ、昼キャバとは?夜キャバとの違い、勤務のメリット&デメリットを解説!

    2019年11月19日

  • キャバ嬢のドリンクおねだりテクニック~ドリンクバックは意外と大事!~

    2019年11月19日

この記事を書いた人

みく

2年の在籍キャバ嬢歴あり。
現在、派遣キャバ嬢とキャバ派遣MOREの事務スタッフをかけもち中。

漫画、アニメ、ダイエット、メイクに給料全てを散財して生きています。

経験を活かし、キャバ嬢さんに少しでも役立つ情報を届けるため、記事を作成しています。
自分のストレス発散のためでもありますが(笑)

詳しいプロフィールはこちら

NEW新着のまとめ最新のまとめは、ここをチェック

  • キャバ嬢は週6出勤が当たり前?出勤日数で変わる条件と指名本数

  • キャバ嬢の「ストレスやばい」「仕事楽しくない」を解消する方法

  • 売れるキャバ嬢になる秘訣~容姿、トーク力だけじゃない!?~

新着のまとめ一覧を見る
© キャバクラ派遣MORE All Rights Reserved.