MORE キャバ嬢応援メディア

MORE キャバ嬢応援メディア

キャバクラの歩合を理解し賢く稼ごう!報酬体系は大きく2種類だけ!

「キャバクラ求人に出てくる、歩合って何?」


「キャバクラの報酬体系について詳しく知りたい」


「時給と歩合、どちらの方が稼げるの?」

 

今回は、このようにキャバクラの歩合を含めた報酬体系について知りたい女性のための内容となっています。

 

みくと申します。

 

私はキャバ嬢1本で働いていた頃、途中から報酬体系を変更してもらうことによって、報酬が大幅にアップした、という経験があります。

 

キャバクラで働くにあたって、時給や歩合などの報酬体系について正しく理解しておくのは、賢く稼いでいくために大切なことなのです。

 

下記のツイートをしました。

 


キャバ嬢は時給制で売り上げを伸ばし実力を身につけてから歩合制にするのが、賢い稼ぎ方です。

 

私の体験談も含め、自分がキャバクラでどう稼ぐか、ということのヒントにしてみてください。

キャバクラは報酬体系に種類がある

キャバクラの報酬体系は、大きく分けて時給制と歩合制の2種類です。

 

時給制の場合、さらに細かくシステムが分かれていることもあります。

 

それぞれがどのようなシステムなのか、解説していきますね。

時給制

キャバクラ以外の大半の仕事では、アルバイトは時給制。

 

馴染みがあって誰もが知っているとは思いますが、時給とは1時間○○円、と決まった金額をもらえるシステムです。

 

安定して稼ぐことができますが、キャバ嬢によって実は時給に差があります。

 

たとえば求人で時給2000円~、と書いてある場合。

最低時給が2000円で、容姿が良い、キャバクラ経験者であるなどの条件をクリアすると2500円、3000円と実際の時給が上がることはよくあります。

私も、面接を受けたあとに伝えられた時給が求人に載っていたものよりも高かったという経験があります。

 

時給制の場合、お店によってさらにシステムが細かく決まっているところもあります。

 

たとえば、ポイントスライド制というシステム。

 

お店の規定により、条件を満たすとポイントが追加・削減されて時給が変動するのです。

 

  • 同伴したら1.5ポイント
  • 本指名で1ポイント
  • 場内指名で0.5ポイント
  • 遅刻は-1ポイント

 

という形であらかじめ細かく条件が決められていて、1か月の合計が何ポイントかによって時給が上がったり下がったりします。

 

合計ポイントが高いほど時給もアップする、ということですね。

 

他にも、

 

  • 指名の数によって時給が変動する指名スライド制
  • 売り上げによって時給が変動する売上スライド制

 

などが存在しています。

 

単なる時給制なのか、さらに細かいシステムが決まっているのかによって報酬が大きく異なる可能性が高いので、事前にお店に確認しておくと良いでしょう。

 

ちなみに現在、私はバイトでたまに派遣キャバ嬢をしているのですが、派遣の場合は単純な時給制です。

 

派遣のように単発で働く場合、報酬が確実でわかりやすいという時給制のメリットは非常に大きいです。

 

私はキャバクラ派遣MOREの事務スタッフなのですが、派遣キャバ嬢として登録もしています。

 

キャバクラ未経験の方は、まずは派遣でキャバクラの雰囲気を知ってみるというのもひとつの手だと思います。

 

しかも当サイトのキャバ派遣は、時給も高めで完全日払い、というメリットがあります。

 

キャバ嬢の報酬の具体例についてはキャバクラで働くキャバ嬢さんの時給・日給や給料日、月収平均。当欠など。

でも詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

歩合制

歩合とは、自分の売り上げに応じて還元率で決まる報酬のこと。

 

還元率の数字は店との相談で決定します。

たとえば月の売り上げが100万円、還元率が4割だった場合報酬は40万円ということになります。

 

私が過去に専業でキャバ嬢をしていた時は歩合制で働き、月に50万円くらいは稼げていました。

歩合制の還元率は3割くらいからスタートし、5割程度まで上げられることもあります。

 

売れれば売れるほど還元率をお店に交渉して高くすることが可能になるのです。

 

歩合制は他の職種ではあまり馴染みのない報酬体系かもしれないですが、キャバクラで働くにおいては絶対知っておいた方が良いですよ。

 

歩合制で稼いでいる有名キャバ嬢たちの動画がこちら。

すごく夢がありますよね。

 

【有名キャバ嬢の給料を徹底公開】

売れっ子キャバ嬢と歩合制の関係

売れれば売れるほど、稼げるのが歩合制です。
しかも、売り上げが高ければ歩合の還元率も高くなる場合がほとんどです。

 

売れっ子キャバ嬢なら、たとえば1出勤につき2時間しか出勤しなかったとしても、その2時間で何人ものお客さんが高額のお酒を入れてくれるのはよくある話。

 

たとえば出勤時間が短かったとしても、月の売り上げが1千万円で還元率が5割だった場合は500万円が報酬になるのです。
超売れっ子キャバ嬢だった相沢えみりさんの場合、歩合制で月収3000万円だった時期もあるとか…。

時給と歩合、どちらを選ぶ?

それではここからは、時給制と歩合制、選べるならばどちらを選ぶべきなのか、ということをお話していきたいと思います。

実力のあるキャバ嬢なら歩合制

指名のお客さんの数が多かったり、お金をたくさん使ってくれる、いわゆる太客がいたり。

 

そんな実力のあるキャバ嬢さんの場合は単純な時給制で働くよりも歩合制の方が稼げることが多いでしょう。

 

たとえば時給2500円で1日5時間、月に20日出勤した場合、単純計算でいくと月の報酬は25万円になります。

 

このお店に歩合制があって、還元率が3割だとしましょう。

そうなると、月の売り上げが84万円を超える時点から、歩合制にした方が多く稼げる計算になります。

 

売上84万円で3割の歩合制ならば、報酬は25万2千円。

 

84万円を超えれば超えるほど、同じ出勤時間数でも時給制より稼げることになるのです。

 

ちなみに今挙げた例ですが、キャバクラは他にもバックがあったり税金が引かれたりするので、あくまで単純な計算だと思ってくださいね。

 

未経験キャバ嬢ならまずは時給制がおすすめ

高収入のキャバ嬢は歩合制の場合が多いということが、ここまで読むとわかります。

 

歩合制で稼げるというならば、

 

「未経験だけど稼ぎたいから歩合制で働きたい」

 

と思う方はいると思います。

すぐにたくさん稼ぎたいという気持ちはとてもよくわかるのですが…それはおすすめできません。

 

なぜならキャバクラ未経験の場合、お客さんはゼロからのスタート。

お客さんがいないとたくさん売上をあげるのは難しいです。

もし仮に、未経験でお客さんが全然いないのに歩合制にしてしまえば、報酬は悲惨なことになってしまいます。

 

時給制は、新人や未経験キャバ嬢、固定で出勤しない派遣キャバ嬢に優しいシステムなのです。

 

最初は時給で着実に稼ぎ、徐々にお客さんを増やして売り上げを伸ばしていきましょう。

途中から歩合に変更できる場合も

歩合制があるお店なら、歩合の方が稼げると思ったときにお店に交渉するのもありです。

 

過去に歩合制で月に50万ほど稼いでいたとお話しましたが、そのお店に勤め始めた当初は時給制でした。

 

時給は3000円でしたが、指名のお客さんが増えて売り上げが上がってきたとき、歩合制だったら自分の報酬はいくらになるのかを計算しました。

 

すると、もし還元率が3割以上なら、時給より歩合にしたほうがたくさんお金をもらえることが分かったのです。

 

そこで店長に交渉し、次の月の報酬から3割の歩合制に変更してもらった結果が、月収50万円なのです。

 

売り上げが増えてきた段階で、歩合制の場合の還元率と報酬を計算し、時給とどちらが稼げるか比較してみましょう。

 

ちなみに、ある程度売り上げが伸びた時点でお店の方から歩合制に変更してくれる場合もありますよ。

まとめ

歩合は、自分の売り上げとお店が設定する還元率によって報酬が決まります。

 

実力があって売り上げの高いキャバ嬢は、歩合制のほうが稼げることが多いです。

 

しかし未経験や新人の場合は歩合で稼ぐのは厳しいので、時給で確実に報酬をもらいつつ、売り上げを伸ばしていくのがおすすめ。

 

売り上げが伸びて安定したら、歩合に変更していくという方法が賢い稼ぎ方です。

 

キャバクラの報酬体系を理解して、しっかり稼いでいきましょう。

この記事を書いた人

みく

2年の在籍キャバ嬢歴あり。
現在、派遣キャバ嬢とキャバ派遣MOREの事務スタッフをかけもち中。

漫画、アニメ、ダイエット、メイクに給料全てを散財して生きています。

経験を活かし、キャバ嬢さんに少しでも役立つ情報を届けるため、記事を作成しています。
自分のストレス発散のためでもありますが(笑)

詳しいプロフィールはこちら

POPULAR POSTS人気記事

RELTION関連する記事こんなまとめも人気です♪

  • キャバ嬢必見「場内指名」の取り方

    2019年11月19日

  • キャバクラの客に「店外で会おうよ!」と言われたときの対処法

    2019年11月19日

  • 朝キャバ、昼キャバとは?夜キャバとの違い、勤務のメリット&デメリットを解説!

    2019年11月19日

  • キャバ嬢のドリンクおねだりテクニック~ドリンクバックは意外と大事!~

    2019年11月19日

この記事を書いた人

みく

2年の在籍キャバ嬢歴あり。
現在、派遣キャバ嬢とキャバ派遣MOREの事務スタッフをかけもち中。

漫画、アニメ、ダイエット、メイクに給料全てを散財して生きています。

経験を活かし、キャバ嬢さんに少しでも役立つ情報を届けるため、記事を作成しています。
自分のストレス発散のためでもありますが(笑)

詳しいプロフィールはこちら

NEW新着のまとめ最新のまとめは、ここをチェック

  • 生活保護を受けながらキャバで働くのはルール違反?リスクについて解説

  • キャバクラは何歳まで働ける?長くキャバ嬢を続けるコツ3つも

  • キャバクラのアフター料金と、下心を出させない3つのコツ!

新着のまとめ一覧を見る
© キャバクラ派遣MORE All Rights Reserved.