MORE キャバ嬢応援メディア

MORE キャバ嬢応援メディア

キャバクラで働く時に履歴書は必要?どのように書いたらいいの?

初めてキャバクラの面接を受ける時、気になるのは「履歴書は用意するのか?」という点です。ここでは、面接時に履歴書が必要かどうか、また必要な場合はどのように書いたら良いのかをご紹介します。


キャバクラの面接で履歴書は必要?

キャバクラの面接では、履歴書の提出が必要なお店と、不要なお店があります。
お店によって違うので、面接予約時にしっかりと確認することをおすすめします。

 

履歴書が必要の場合は、市販の履歴書を事前に記入して忘れずに持って行きましょう!
履歴書が不要の場合は、お店が用意した面接シート・エントリーシートをその場で書くことになります。

 

履歴書が必要なお店の場合

履歴書が必要と言っても、初めての方は、どのように書いたら良いのかわからないかもしれません。

 

「年齢を誤魔化してもいいの?」
「住所は教えなくてもいいの?」
「顔写真はスーツで撮った方がいい?」

 

などの疑問を解説します。

 

一般企業用と同じように履歴書を作成する

履歴書は、面接するにあたってその人がどんな人物なのか基本情報を知ることの出来る大切なツールです。

キャバクラだからといっていい加減に作成せず、一般企業に提出するとの同様に作成します。
丁寧な字で、間違えてしまったら修正液を使用したりせず新しいもので作成しなおします。

 

また、夜のお仕事ということで警戒心があるかもしれませんが、名前・住所・生年月日などは正直に書きましょう
嘘を書いたとしても、身分証明書も提出するのでどちらしてもバレます。

 

ただ、年齢のサバを読みたい方も中にはいると思います。

例えば、20代後半の方で実年齢より若く見える方、しかもお店が20代前半の若い子が中心の場合は、サバを読む価値があります。

 

そんな時は正直にその旨をお店に相談しましょう。20代前半設定で勤務するなど、大抵はお店も了承してくれます。

 

ちなみに、提出した履歴書がどこかに流れたり悪用されたりすることはまずないので安心してください!

 

学歴・職歴

学歴、職歴も一つのアピールポイントになるので記載しましょう

職歴はアルバイトでもOKです。

 

少しでもお店の従業員さんに自分のことを知ってもらうことで、

 

  • どんなお客様に付いてもらうのが良いか
  • どの女の子と一緒の卓にすれば相性が良いか

 

などの付け回しの判断材料になります。

 

資格は会話のネタなる!

資格も記載しましょう。

夜の仕事だから関係ないのでは?と思うかもしれませんが、キャラ立ちしたり、お客様との会話のネタになったりします。民間の資格でもOKです。

 

  • 例:看護師、美容師、調理師、教員免許、英語検定など

 

また、これも学歴・職歴と同様に付け回しの参考になります。

 

写真の貼り付けは忘れずに!

写真を貼ることは忘れがちなので、1番最初に貼ってしまうか、記入を終えたらすぐに貼ると良いでしょう。

 

キャバクラの場合、写真撮影の時の服装はスーツでなくても大丈夫です。
普段着でも清潔感のある髪型・服装・化粧で撮れば問題ありません。

 

写真写りが悪くても、面接で実物を見てもらえるので気にしなくて大丈夫です。
当日はメイクばっちりでベストな自分でいきましょう。

 

履歴書が不要なお店の場合

履歴書が不要の場合、面接時にお店が用意している面接シートを書くことになります。
大抵は、面接の最初に記入をする時間をもらえます。

 

ここらからは、面接シートにはどんな項目があるのか、どのように書いたら良いのか?解説していきます。

 

面接シートの項目

 

お店によって細かい内容は異なりますが、共通している項目は、

 

  • 名前
  • 生年月日
  • 住所
  • キャバクラの勤務歴
  • 今まで水商売で貰っていた時給
  • 週に出勤できる日数

 

です。他には趣味、志望動機の項目があることもあります。

面接後そのまま体入する場合は、システム説明やドリンクの作り方などの講習があります。

面接シートの記入は出来るだけ早く終わらせたほうが、少しでも長く体入できるます。

 

ここからは各項目の記入する際のポイントを説明します。説明が不要の項目は飛ばします。

 

キャバクラの勤務歴

キャバクラ未経験の際は正直にそう記載しましょう。嘘はバレますし、未経験だからといって採用されないことはありません。

みんな最初は未経験から始めるものなので安心してください。

 

未経験者は、夜の世界に染まっていないということでお客様のうけが良かったりメリットもあります。

お店からしても、経験があって変なプライドや、間違ったやり方が染みついている女の子が少なくないので、未経験大歓迎のところは多いです。

 

今まで水商売で貰っていた時給

実際貰っていた金額より盛る方が多いですが、正直に伝えるのがおすすめです。

 

キャバクラでは貰っている時給に見合う働きが求められます。仮に盛って伝えて自分の実力以上の時給を貰えたとしても、大抵長続きしません。時給に見合う働きができないと一気に印象悪くなりますし、出勤数を減らされたり、解雇されることもあります。

 

 

最初はほどほどの時給設定にしてもらって、結果がある程度出てから時給をあげてもらうのがおススメです。

 

週に出勤できる日数

たくさん勤務できる場合は、しっかりアピールしましょう、お店側にとってはありがたいので、勤務条件が良くなります。

 

大学生や昼職との掛け持ちで週1〜2日しか働けなさそうな場合は、金曜か土曜のどちらか働けないと厳しいです。
週1〜2日でも週末出てくれるのであれば採用、というお店は多いです。

 

面接シートは写真不要

写真が必要なのは履歴書だけです。面接シートは不要です。

 

そのかわり面接時に簡単な撮影があるので、メイクはしっかりとしていきましょう。インスタントカメラでの撮影することが多いです。

服装は、私服 or ドレスに着替えてヘアメイクもしての撮影のどちらかになります。どちらにしても顔が明るく見えるような明るい色のものを選ぶのがおすすめです。

 

 

 

履歴書を書く場合の注意点

以上、履歴書や面接シート記入のポイントでした。追加で、どちらにも共通の注意点が2つあります。

 

嘘を書かない!

嘘を書くのはNGです。
特に名前や生年月日、住所は身分証明書を出す(コピーを取られます)ので虚偽の申請はしないようにしましょう。

 

キャバクラ未経験者だけれど、正直に書いたら待遇が悪くなりそうだからと嘘を書くのは後で自分が困ることになります。

 

貰っていた時給や売上の欄に高い金額を書いたりすると、その分お店から過度に期待されてしまいプレッシャーがかかります。

 

 

自己アピールはしっかりとする

志望動機や自己アピールを書く欄があれば、しっかりと書いて自分がどんな人物なのかアピールをしましょう!面接の短い時間では、お店の人に自分の良い点を伝えきれません。
また、初めての面接では緊張してうまく話せないことがあるかもしれないので、履歴書に書いてあると安心です。

 

  • 人と話すことが好き
  • 人の話を聞くのが得意
  • 接客業の経験がある

 

などはアピールポイントになります。

 

ただし、過剰なアピールは逆効果となるので適度に書くことが大事です。

 

まとめ

キャバクラの面接時に履歴書は必要なのか?また、どのように書くのが良いのか?をご紹介しました。

 

履歴書提出が必要なお店もあり、不要の場合はお店で用意している面接シートに書いて提出します。よっぽどのことがない限り履歴書だけで面接に落とされることはないので、全て埋めて提出しましょう♪

 

この記事が気に入ったらフォローしよう!

この記事が気に入ったらシェア


RELTION関連するまとめこんなまとめも人気です♪

  • キャバ嬢の恋愛事情~お客様とは付き合わない!?~

    2019年08月21日

  • トーク上手のキャバ嬢は必ず売上に繋がる♡話題作りの方法を伝授‼

    2019年10月01日

  • 仕事がデキるキャバ嬢は「歯・唇・髪・爪」をケアしてる!

    2019年08月21日

  • 妊娠中のキャバクラ勤務は?知っておきたいことや注意点も

    2019年11月06日

  • 「売れてるキャバ嬢」オーラを放つ、めっちゃ簡単な方法

    2019年08月12日

ご登録、ご相談はこちら
お電話でのご応募、お問合せはフリーダイヤル0120-949-774

PICK UPおすすめのまとめいまMOREで注目のまとめ

  • キャバ嬢の源氏名おすすめの画数は?名づけ方のポイントも紹介

  • キャバクラで働く時に履歴書は必要?どのように書いたらいいの?

  • 妊娠中のキャバクラ勤務は?知っておきたいことや注意点も

  • キャバクラ嬢ヘルプのやってはいけない3つのルールと基本ハンドサイン合図7選。水商売の場内指名についても。

  • 「今日、キャバクラばっくれたい。。。」そんな時!気持ちを切り替えて出勤する方法4選

NEW新着のまとめ最新のまとめは、ここをチェック

  • キャバクラで働いても後悔しない!事前の対策ともしもの時の対処法

  • キャバクラで働く時に履歴書は必要?どのように書いたらいいの?

  • キャバ嬢は本名で働いちゃダメ!客にしつこく聞かれたときの対処法も

新着のまとめ一覧を見る

忙しいあなたはSNSで
MOREをチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINEにて、キャバクラに興味がある全ての女の子に、毎日厳選してキャバクラ情報をお届けしています!

Instagram
友だち追加

店舗様はこちら

MORE店舗様ページ