MORE キャバ嬢応援メディア

MORE キャバ嬢応援メディア

売れるキャバ嬢8つの法則!売れないキャバ嬢との決定的な違いを公開

「売れているキャバ嬢と、売れていないキャバ嬢の違いは何?」
 
「自分がキャバクラで売れないのはなぜ?」
 
「売れるための方法、営業テクニックが知りたい」

 
という方のために、売れるキャバ嬢と売れないキャバ嬢について書きました。
 
みくと申します。
 
私も以前キャバ嬢をしているときに、どうして自分は売れないのかと悩んだことがあり、売れているキャバ嬢に相談した事がありました。
 
先日したツイートです。
 

 
売れているキャバ嬢と売れていないキャバ嬢では、やる気や話しが豊富かどうかなど様々な違いがあり、売れないキャバ嬢はだらしなかったり努力が足りないことがあります。
 
売れるためには、お客さんの事を考えた接客と努力が必要です。

 
今売れたいと思っているあなたに下記で詳しく説明していきます。

 

売れるキャバ嬢と売れないキャバ嬢の違い

キャバクラには色々なキャストが在籍しており、営業の仕方や接客の仕方などはキャストによって様々です。
 
売れるキャバ嬢と売れないキャバ嬢は主に、
 

  • やる気の違い
  • 話のネタが豊富かどうか
  • 空気が読めるか
  • 自分本位の営業をしていないか

 
などによって売れるか売れないかが変わってきます。
 

 

やる気の違い

売れるキャバ嬢は、やる気が違います。
 
出勤はもちろん毎日出勤で、行きたくない日も、体が辛い時でも毎日出勤します。
 
そして何よりも、自己都合で当日欠勤や遅刻をすることはまずありません。
 
営業前なども営業メールをしっかりして、その日の指名のお客さんの予定を立てています。
 
逆に売れないキャバ嬢は、気分で出勤をし、遅刻や当日欠勤などルーズな人が多いです。
 
時間にルーズな人は、お店の人から信頼されなくなり、指名がもらえる機会が減っていき、売れないキャバ嬢となってしまいます。
 

話のネタが豊富かどうか

キャバクラにくるお客さんは、ただお酒を飲みにきている訳ではありません。
 
女の子と色々な話をしたり、自分の話を聞いてもらったりなど、会話を楽しみに来ています。
 
売れるキャバ嬢は毎日ニュースチェックを欠かさず、様々なお客さんに対応できるよう話のネタが豊富です。
 
話のネタが豊富であれば、いつ飲みに行っても話が弾んで楽しいと思ってもらえます。
 
売れないキャバ嬢は、そもそも知る努力をしません。
 
「ニュースは難しくてわからないから見ない。」
 
「ゴルフは興味がないから知ろうとしない。」
 
これでは、お客さんも楽しくお酒を飲めないし、話も弾みません。
 
とはいえ、
 
「知る努力をしてもわからないものはわからない」
 
と思ってしまうのは普通のことです。
 
確かに、難しい話や興味のない話は努力ではどうにもできません。
 
それでも、検索したり知っている人に聞いたりなどの努力は必要です。
 
興味がなくても知る努力、わからなければお客さんをたてて教えてもらう努力をすることが大切です。
 

空気が読めるか

売れるキャバ嬢は周りの空気を読んで、お客さんやその場の空気に合わせることができます。
 
お仕事の話をしている時に大騒ぎしたり、話を遮ったりするとお客さんも
 
「ここは仕事の話ができないから上司を連れていけない」
 
となり、一人でしか来店しなくなっていきます。
 
接待の席であれば、しっかりと聞き役ができ、接待される側を立てるなど聞かなくても空気を感じ行動できるのが売れるキャバ嬢です。
 
反面、売れないキャバ嬢は自分の気持ちだけで行動してしまいます。
 
例えば、褒めてもらいたかったり、カッコつけたい時、
 
「なんでカッコつけてるの?」
 
などと言ったらどうでしょう?
 
絶対にいい気はしないですよね。
 
このように、相手がどんな答えを待っていて、どんな行動をしたら喜ぶのかを瞬時に判断して行動できる人が売れるキャバ嬢の特徴と言えます。
 

自分本位の営業をしていないか

キャバクラは自分だけで成り立つお仕事ではありません。
 
ですから、売れるキャバ嬢は自分のことだけではなく、お客さんの事やヘルプの女の子の事など広く視野を向けて、相手の事を考えて仕事をしています。
 
「自分が売れたいから自分だけよければいい」
 
と思いがちですが、相手の事やお客さんの事お店の事も考えて仕事ができる人は、みんなに愛され売れるキャバ嬢となるのです。
 
逆に、ヘルプの女の子の事を見下したり、お客さんを見下したりなど、自分の気持ちだけで行動してしまうキャバ嬢は売れないキャバ嬢となります。
 

キャバで売れない人の特徴


上記で述べたように、あなたが売れないキャバ嬢な理由は
 

時間にルーズでやる気もないし人からの信頼がない

話を弾ませる努力をしない

どんなことを相手が求めているのか瞬時に判断して行動できない

自分本位で相手の気持ちを考えていない

 
などがあげられます。
 
キャバクラはそれぞれの接客や営業の仕方によって、売れるか売れないかが決まってきます。
 
お客さんやヘルプの女の子の事まで考えられる広い視野を持っていなかったり、その場に合わせて柔軟に対応できない人は売れません。
 
自己中心的で、仕事に対する姿勢が悪いキャバ嬢になっていませんか?
 
少しでも当てはまることがあれば、すぐに行動にうつしてなおして行くことで全然売れていないキャバ嬢が急に売れるキャバ嬢になったりするのです。
 

売れるキャバ嬢8つの方法!


もしもあなたが売れないキャバ嬢であったとしても、売れるキャバ嬢になる可能性は十分にあります。
 
一つ一つできる事を増やして、売れるキャバ嬢を目指しましょう。
 
下記の動画では、最強の接客術と売り上げを上げる方法について紹介しているので、参考にしてみてください。
 
[キャバ嬢の最強の接客術]

1.積極的に名刺交換

キャバクラには沢山の女の子がいるので、まずは名前と顔を覚えてもらうために名刺を必ず渡すこと。
 
お昼の仕事でもキャバクラでも名刺を渡すのはマナーです。
 
そしてできれば相手の名刺ももらい、連絡先の交換をしましょう。
 
「断られるのは当たり前」
 
と思い、沢山の人と連絡先を交換することが指名を増やす第一歩です。
 
連絡先の交換の仕方は下記が参考になりますので、チェックしてみて下さい。

2.お礼の電話やメール

来店されたお客さんには次の日、最低でも2日以内にお礼の電話やメールをすることが大事です。
 
連絡をする時は、お客さんのお昼休みなどの時間を考えてベストなタイミングで連絡することが重要なので、何時なら連絡してもいいか探る必要もあります。
 
相手に迷惑にならない時間を考えお礼の連絡は、忘れられないうちに早めにしておきましょう。

 
この連絡こそが、指名を増やす第一歩です。

3.連絡がまめ

お客さんは営業メールを嫌う人がほとんどなので、営業メールではなく、たわいもないメールが喜ばれます。
 
「◯◯さん。今日は天気悪いけど傘持っていったかな?風邪引かないでね」
 
など、相手の事を思いやること、そしてお客さんの名前を文章の中に入れてメールするのが良い方法です。
 
コピペ文章や定型文などは絶対にNGなので、コピペ文章であっても名前を必ず入れるようにしましょう。
 

4.お客さんを育てる

簡単なようで難しいことですが、お客さんを育てられるか、育てられないかで接客のしやすさが変わってきます。
 

例えば、あなたは指名のお客さんが被ってしまいました。
 
そうすると、あなたが居ない間ヘルプの女の子がつくことになります。
 
ですが、お客さんはヘルプの女の子にはドリンクを一切飲ませない上に、無口で態度が悪い。
 
そうすると、ヘルプの女の子は嫌な思いをするし、ドリンクを貰えない事であなたの売り上げが減ってしまうことになります。

 
そこで、あなたが帰ってきた時に、
 
「どうして、女の子にドリンク飲ませてあげなかったの?私が居ない時だからこそ、女の子に優しい紳士な〇〇さんで居て欲しい」
と伝えましょう。
 
お客さんは
 
「あなたのためなら」
 
と接客のしやすいお客さんに変わっていき、それとともに売り上げもどんどん上がっていきます。

5.細客も太客も大事にする

細客でも太客でもお客さんはお客さん。
 
どんなに少ない時間でもどんなに少ない売り上げになるとしても、目の前のお客さんを大事にすることが重要です。
 
あまりこないお客さんだからといってないがしろにしないで、一人一人大切に接客して行きましょう。
 

6.お客さんノートをつける

出来そうでなかなか出来ないお客さんノート。
 
名前と顔の一致はもちろん、タバコ・お酒・趣味・話した内容などを記録しておき、覚えておくことが重要です。
 
また来店日なども記載しておくと、お客さんのくるペースを把握することが出来ます。
 

7.いつも明るい

キャバクラにくるお客さんは、楽しむためにきています。
 
飲んでて楽しいと思ってもらえるよう、自分も仕事を楽しんだり、明るく接客する事を心がけましょう。
 
もちろん、その場合も相手の空気を読んで、どう言う接客を求めているか考えて行動すると良いです。

8.努力家

上記に記載した事はもちろん、メイクを研究したり、運動をして体型の維持をするなど仕事以外でも努力しているキャバ嬢は指名がどんどん増えていきます。
 
見た感じではわからなくても、努力は後からついてくるもので、努力していない人はすぐにバレます。
 
1日1つでも多く努力できるよう頑張りましょう。

売れるための営業テクニック


売れるキャバ嬢になるためには、ただ単に接客しているだけではなれません。

下記の営業テクニックなどを参考に、今日から実践してみましょう。

お客さんの事を1人づつしっかり大切にしている事をアピール

上記にも述べているように、細客でも太客でも一人一人大切にして、ないがしろにしていないアピールを上手にするのが売れる営業テクニックです。
 
どんなお客さんでも、一人一人大切に接客する事で、指名に繋がり売り上げに繋がります。
 

お客さんによって自分のキャラを少し変える

接待のグループにはしっかり者のお姉さん、盛り上がっているお客さんの時はカラオケで盛り上がる。
 
その時によってキャラを決めておくと、どんなお客さんが来ても接客しやすくなり、新規のお客さんにも対応できるようになります。
 

フリーのお客さんにすれ違った時、会釈するなど印象をつける

どんなお客さんとすれ違っても、常に笑顔でいることはとても大事です。
 
たまたまスレ違ったお客さんに笑顔で挨拶をしたり会釈することが、これからの指名に繋がります。
 

私が指名のお客さんのお見送りをした時の話です。
 
私がお見送りをしてお店に戻る時、来店したお客さんとすれ違ったので、会釈して笑顔でいらっしゃいませと声をかけました。
 
お店に戻ると、さっき会ったお客さんからの突然の場内指名。
 
私が声をかけた時に、私と話してみたいと思ってくれたようで、
 
「あの子指名で」
 
と言って、私を呼んでくれました。

 
このように、予想もしていないところで指名がもらえることがあるので、フロアに出たら常に明るくいられるよう努力しましょう。

まとめ

売れるキャバ嬢と売れないキャバ嬢の違いは、
 

  • やる気の違い
  • 話のネタが豊富かどうか
  • 空気が読めるか
  • 自分本位の営業をしていないか

 
などがあり、時間にルーズだったり、仕事に対する姿勢が悪いのが売れないキャバ嬢の特徴です。
 
売れるキャバ嬢になるためには、お客さんの事を一人一人考えて大切にし、努力を欠かさないことが売れる秘訣といえます。
 

この記事を書いた人

みく

2年の在籍キャバ嬢歴あり。
現在、派遣キャバ嬢とキャバ派遣MOREの事務スタッフをかけもち中。

漫画、アニメ、ダイエット、メイクに給料全てを散財して生きています。

経験を活かし、キャバ嬢さんに少しでも役立つ情報を届けるため、記事を作成しています。
自分のストレス発散のためでもありますが(笑)

詳しいプロフィールはこちら

POPULAR POSTS人気記事

RELTION関連する記事こんなまとめも人気です♪

  • キャバ嬢必見「場内指名」の取り方

    2019年11月19日

  • キャバクラの客に「店外で会おうよ!」と言われたときの対処法

    2019年11月19日

  • 朝キャバ・昼キャバとは?特徴やメリット・デメリットを徹底解説!

    2020年09月25日

  • キャバクラのドリンクバックとは?上手なおねだりの仕方をパターン別で紹介

    2020年04月16日

この記事を書いた人

みく

2年の在籍キャバ嬢歴あり。
現在、派遣キャバ嬢とキャバ派遣MOREの事務スタッフをかけもち中。

漫画、アニメ、ダイエット、メイクに給料全てを散財して生きています。

経験を活かし、キャバ嬢さんに少しでも役立つ情報を届けるため、記事を作成しています。
自分のストレス発散のためでもありますが(笑)

詳しいプロフィールはこちら

NEW新着のまとめ最新のまとめは、ここをチェック

  • キャバ嬢の営業メールのテクニックを伝授!返信がくる例文も紹介

  • 朝キャバ・昼キャバとは?特徴やメリット・デメリットを徹底解説!

  • キャバクラ体入のシステムと時給を解説!体入荒らしがNGな理由とは

新着のまとめ一覧を見る
© キャバクラ派遣MORE All Rights Reserved.