MORE キャバ嬢応援メディア

MORE キャバ嬢応援メディア

キャバクラでビールは注文できるのか?気になる相場もご紹介!

キャバクラで遊ぶなら、やはり初めの一杯にビールを注文したいですよね。

 

今回はそんなビール好きの方向けにお酒について解説していきます。

 

また、キャバクラはお酒の値段が少々割高となっています。

その辺りの相場感や他のお酒についても紹介していきます。

キャバクラでビールは注文する事が出来るのか

それではまず、キャバクラでビールを注文することはできるのか?といった点ですが、結論から言うと注文することができます

相場は約1500円程で、普通の居酒屋と比べて3倍以上の料金がかかってしまいます。

 

また、ビールは初めの一杯に注文したい!という方が多いかと思いますが、通常キャバクラはハウスボトルというものが席に常備してあります。

そしてそのハウスボトルからハイボールや焼酎割りをキャバ嬢が作ってくれるので、そちらを一杯目にするのも良いでしょう。

ちなみにハウスボトルについてですが、実質飲み放題で楽しめる安い焼酎やウイスキーだと思ってください。

 

料金は基本、チャージ料に含まれています。というのも、キャバクラに来店するとまずチャージ料というものを支払わなければなりません。

この辺りを詳しく知りたい方は『キャバクラで遊ぶときの相場って?気になるチャージ料についてもご紹介!』のご参照ください。

 

 

なぜキャバクラのビールは高額なのか

それではなぜ、たった一杯のビールが1500円もするのでしょうか?

 

そこにはキャバクラ特有の料金体系が影響しています。というのも、キャバクラは普通の居酒屋と比べて店の設備一つ一つに雰囲気を醸し出す演出が施されているのです。

そういった設備料が付加価値として全てのサービスに上乗せされていると思ってください。

 

またキャバクラのような水商売は、相対的に女の子に対する給料が高くなってきます。それなりの報酬を支払わないとキャストも働いてくれませんからね。

こういった料金体系が影響して、ビールの値段が上がってしまうわけです。

ちなみに銘柄はアサヒやサッポロといった普通の居酒屋で提供するビールと変わらないので、予め承知しておきましょう。

 

どうしても納得いかないという方は、ビール自体の価値ではなく「ビールを片手に女の子と会話できること」に価値があると思ってくださいね。

 

ビール以外にどんなお酒が置いてあるのか?

それでは次に、ビール以外にどういったお酒が置いてあるのか?を解説していきます。

キャバクラは女の子と会話を楽しむ場所なので、一見あまり置いていないと思われがちですが、実は色々な種類のお酒が常備されています。

また基本的に女の子がその場で作ってくれるので、お好みの割り方等を伝えて全部お任せしちゃいましょう。

 

焼酎

まずご紹介するのは焼酎です。

前述したように、キャバクラではハウスボトルというものが常備されています。その為そこまでお酒の味にこだわりがないという方は、ハウスボトルで満足できるでしょう。

しかし、そういった焼酎は基本的に安物です。酷い店だとハウスボトルで出したお酒を使い回すところもあるので注意してください。

 

飲み方は通常の居酒屋と同じく水割りからお湯割りまで用意してあるので、お好みで選ぶと良いでしょう。

料金は種類によって様々ですが、鏡月などの安い焼酎でも2000円程度はします。

 

ブランデー

次に紹介するのはブランデーです。

こちらはコニャックもアルマニャックといった、グレープブランデーが主流ですね。

 

ブランデーといっても男性には馴染みが薄いかもしれません。しかし「キャバクラといえばブランデー」と言われる程、この業界ではメジャーなお酒なんです。

ブランデーはハウスボトルとして置いてあることが多いです。しかし前述したように、ハウスボトルとして出されるお酒は基本詰め替え式なので、味は期待しない方が良いでしょう。

中には高級酒の空き瓶を使って安いブランデーを詰め替えているお店もあるので、「折角なら高級なブランデーを注文したい!」という方も十分注意しましょう。

 

ウイスキー

飲み方を色々試しながら楽しめるお酒として人気なウイスキー。基本的にウイスキーもキャバクラに用意してあります。

特にジャックダニエルやシーバスリーガルといった銘柄が人気で、女の子の前で少し背伸びをしたい男性は選んでみると良いでしょう。

中には10万を超える高級ウイスキーが用意されているお店もあるので、気になる方は聞いてみると良いでしょう。

 

シャンパン

会社員の方でキャバクラに遊びに行くとしたら、二次会が多いのではないでしょうか? やはり二次会となると、思い切り盛り上がりたいですよね。

そんなときはシャンパンを注文すると良いでしょう。それだけで女の子も盛り上がってくれますし、自分の卓が一気に華やぎます。

 

よく勘違いされる方がいますが、シャンパンとはスパークリングワインの一種です。

フランスにあるシャンパーニュ地方で出来たスパークリングワインがシャンパンと呼ばれるお酒なんですね。

 

高級シャンパンとしてはドンペリが定番で、10万円以上します。ボーナス直後など、財布に余裕があるときは注文してみると良いでしょう。

 

ちなみに女の子的にはロゼ・シャンパンという種類が好まれます。とても口当たりがよく、色がピンク色で可愛らしいことが人気の理由です。

 

 

 

 

ワイン

もちろんキャバクラにはワインも置いてあります。しかしあまりオススメしません・

というのもワインは料理と一緒に飲むから美味しいのであって、キャバクラで飲むには向いていないからです。

また繰り返しになりますが、料金がどうしても高くついてしまいます。ワインを頼みたいなら、シャンパンを選ぶ方が無難でしょう。

 

カクテル

カクテルもキャバクラに置いてあります。こちらはキャバクラ初心者に特にオススメです。

というのも、ビールと同じ程度の値段で飲めるので予算を抑えることができます。また種類も豊富なので、お酒を選ぶという行為自体が女の子との会話につながります。

 

ちなみにキャバ嬢の中にはお酒があまり飲めない子もいるので、そういった子にはカクテルなどの度数低めなお酒を勧めてあげると喜ばれます。

 

日本酒

最後にご紹介するのは日本酒です。こちらは男性に人気なお酒なので、女の子に勧めるのには適していないかもしれません。

とはいえ、日本酒好きにとってはキャバクラでも注文したいところです。そんな中オススメな日本酒は『澪』という銘柄のスパークリング日本酒です。

こちらは非常に口当たりが良く、女の子に人気なお酒なので知っておくと良いでしょう。

 

日本酒に関しては熱燗や冷酒などお好きな飲み方で楽しめるので、その時の気分によって色々変えてみると良いですね。しかし飲み過ぎには注意してください。

 

キャバクラでビールは注文できる!お好きなお酒を楽しんでください♬

いかがだったでしょうか?

キャバクラでビールは注文することができます。しかし料金には設備料が含まれるため割高になってしまいます。

 

今回ビール以外のお酒も多数紹介しましたが、どのお酒も原価の3倍程で売られていることが多いので、そちらを頭に入れておくと良いでしょう。

とはいえ、様々なお酒を用意してあるのがキャバクラの良いところでもあるので、お好みや気分に合わせて選んでみてください。

この記事を書いた人

モアさん

モアさんのプロフィールです。

詳しいプロフィールはこちら

POPULAR POSTS人気記事

RELTION関連する記事こんなまとめも人気です♪

  • キャバ嬢必見「場内指名」の取り方

    2019年11月19日

  • キャバクラの客に「店外で会おうよ!」と言われたときの対処法

    2019年11月19日

  • 朝キャバ、昼キャバとは?夜キャバとの違い、勤務のメリット&デメリットを解説!

    2019年11月19日

  • キャバ嬢のドリンクおねだりテクニック~ドリンクバックは意外と大事!~

    2019年11月19日

この記事を書いた人

モアさん

モアさんのプロフィールです。

詳しいプロフィールはこちら

NEW新着のまとめ最新のまとめは、ここをチェック

  • キャバクラの歩合を理解し賢く稼ごう!報酬体系は大きく2種類だけ!

  • 今日からできる!キャバクラ勤務が辛いときに楽になる乗り切り方5つ

  • キャバ嬢は本名で働いちゃダメ!客にしつこく聞かれたときの対処法も

新着のまとめ一覧を見る
© キャバクラ派遣MORE All Rights Reserved.